Entries

函館2歳S2017の注目馬と実験穴馬予想コーナーが好発進の話

どうも、こんちわ~(^^)

さて、今週末は早くも2歳重賞、函館2歳Sが行われます。

今回はレースを見てきた中で、感覚的に気になる1頭取り上げたいと思います。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


その注目馬は

ナンヨープランタン

血統的に函館芝1200mがしっくりこないですし、実際に新馬戦を見てもテンからの追走に手間取っている印象があり中団前目くらいの競馬になっていました。

函館は直線が短いので届かず3着かなと見ていたのですが、ムチを入れられるとグイっと反応して差し切る姿に底力を感じさせられました。

例年のようなハイペースで追走が遅れ後方からとなると厳しいですが、叩いた上積みでハイペースでも新馬戦と同じくらいの位置を取れればチャンス十分ではないでしょうか。


続きまして、実験穴馬予想コーナーのお話です。

これまでに何度かトライしたものの、何かこうしっくり来るものがなく、いつの間にかフェードアウトという流れを繰り返していたのですが、先週から今一度、穴馬予想にチャレンジすることにしました。

穴馬予想のデータを登録を始めてから9週間と運用期間はまだまだですが、その間の成績がちょっと驚くべき内容だったので見切り発車ではありましたが、KLANの軸馬予想で公開を開始した次第です。

以下ツイートは、7/16 福島12R ハヤブサプリプリの1着を受けて、穴馬予想最適化フィルタを改善し、過去9週の穴馬予想データ(KLAN軸馬予想公開前のデータを含む)に適用した時の成績です。

実に驚異的な数字で、夢を見ているような成績でした。

穴馬予想なので今後は好不調の波が大きく出てくる可能性もあり油断はできませんが、現状残している成績は今までに体験したことのないもので、期待を持たずにはいられませんし、実際にこのまま順調に進んでくれることを願いたいです。

馬券外になった馬でも、13人気で4着だった7/16 中京10Rスリーマキシマムであったり、10人気4着だった7/15 函館9Rアグネッタなど、2桁人気でも掲示板にチラホラ顔を出しており、その負け方にも期待を持てるものが多くあり、その辺も含めて来週以降も楽しみを持たせてくれています。

あと、KLANを利用するといつもぶち当たる問題なのですが、KLANでは◎が1頭しか登録できず、同レースに出走していたアポロノホウリンもKLAN軸馬予想該当馬だったのでハヤブサプリプリは個人的には拾えていてもKLAN軸馬予想では登録が出来ずにいたと思います。

この辺は、当ブログで公開している穴馬予想該当馬全頭から、ブログ読者さんなりに取捨して頂くしかありませんので、うまく活用して頂ければと思います。

年末までにどんな感じになってるのか、出来れば辞めていないことを祈っておきます(^^;



スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/681-f4718c82

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード