Entries

府中牝馬S2016 データ 夏場に1度使われている馬は好走傾向

府中牝馬S(東京芝1800m)、過去10走のデータから予想される好走条件を探ります。

以下は府中牝馬S、過去10走の平均配当と人気別成績です。


府中牝馬S2016平均配当


府中牝馬S2016人気別成績


過去10走の府中牝馬Sの平均配当を見ると牝馬重賞の割には平凡といった印象です。

人気別成績を見ると1人気が勝ち切れていないのですが、5人気以内だった馬はかなり堅実に走っていました。2桁人気もそこそこ来ていましたが配当的には思ったほどは跳ねておらず実力伯仲の中で人気薄が絡んでいたという事かもしれません。

今年はスマートレイアーマジックタイムシャルールシュンドルボンカフェブリリアントあたりが人気上位になるでしょうか。エリザベス女王杯に向けて好発進するのはどの馬でしょうね。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク



府中牝馬Sの考察に入る前にKLANの穴馬ピックアップについて書きたいと思います。

KLANではプレミアム会員向けに穴馬情報を公開してます。結果は無料会員でも見れます。

10月に気になりだして目視だけのチェックをしているのですが、今週も非常に優秀な成績を残していると感じました。本当はTARGETの馬印に登録して最適化した時にどのような成績を残せるか検証したいのですが、8つある馬印に空きがなく予想コメントに登録して検証するのは検索が面倒なので躊躇しています(^^;

今週の結果を見ていて特に目を丸くしたのが月曜京都7Rです。11人気のキョウワエステルが1着に入っていました。同じレースの10人気プリティクイーンも5着に来ていて負け方も悪くないなと。

他にも月曜京都9Rは12人気コパノリスボン2着、14人気ブロンズテーラー3着の大盤振る舞いでした。しかもこのレースはショコラブランが軸馬Aランク指名でした。

まだまだ短期間の目視での確認だけですので手放しで喜ぶには及びませんが、これまで色々検証して来た目で見ても利用価値が高そうに感じています。本当はガッツリ馬印に登録して独自のノウハウで検証したいんですけど馬印が空いていないのと同時に今他のことも着手しているので手が回らないというのが本音なのです(^^;


KLAN04.png

KLAN05.png

KLAN06.png

KLAN07.png

KLAN08.png

KLAN09.png

KLAN10.png


→結果だけなら無料会員でも見れますので無料会員登録がまだの方は以下からどうぞ!

無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

→レース前に穴馬マークを確認したい方は以下プレミアム会員加入からどうぞ!

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム】



第64回府中牝馬S 出走予定馬と血統一覧

府中牝馬S2016出走予定馬

フルゲート18頭に13頭が登録しています。


夏場に1度使われている馬は好走傾向

まずは好走傾向データの絞り込み条件とその成績です。

前走レース=関屋記念 or 新潟記念
11番より外(スローの上がり勝負になりやすくスムーズに外から差せる馬が優勢か)

府中牝馬S2016絞込データ

着別度数 ( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
1-2-2-1  ( 16.7%/ 50.0%/ 83.3%) 530円 / 265円

直線の長い左回りコースで夏場に1度使われているアドバンテージは大きそうです。


今年、上記条件に該当する可能性のある馬は

マジックタイム
カレンケカリーナ

2頭とも外枠を引ければ条件を満たします。


あと、以下秋華賞の記事で書いたとある値についても見て行きましょう。とある値については秋華賞の記事でご確認下さい。


2006年 ②④①人気 8.88
2007年 ④①②人気 7.74
2008年 ④①③人気 7.77
2009年 ⑦③⑪人気 5.81
2010年 ④⑭②人気 4.81
2011年 ⑤④③人気 8.33
2012年 ⑩⑤①人気 6.97
2013年 ④⑤⑦人気 6.15
2014年 ④①②人気 7.57
2015年 ⑪①⑤人気 5.98

上記一覧は各年の3着内の人気ととある値になりますが、その値が7未満だった5回の内4回で2桁人気馬が3着内に来ていました。

秋華賞府中牝馬Sの2レースだけ見ると、とある値が7未満の場合に必ず荒れるように錯覚してしまいそうですが決してそうではなく、あくまでも指標であり逆の結果になることもありますのでそこはご留意願います。


10年間勝ち続けた究極の軸馬を見つけ出した思考をマガジン化しました!

毎週noteで軸馬予想を有料配信していますが、その軸馬たちをどのようなコンセプトのもと見出し、さらに究極の軸馬にまで磨き上げていったのか書いてみました。

馬券は当てるために買うのではなく儲けるために買うという視点や、TARGETで誰でも見れるデータを見るだけではなく、それらを加工して自身しか見れないスモールデータを作り上げる方法などを記載しています。


2006~2015年の10年間、毎年プラスの通算単勝回収率147%を記録した軸馬予想について語ります。是非、ご一読下さい。



スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/569-ae7ab1c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード