Entries

オールカマー2016 データ 勝馬8頭を含む複勝率92.9%の条件

オールカマー(中山芝2200m)、過去9走のデータから予想される好走条件を探ります。

以下はオールカマー、過去9走の平均配当です。


オールカマー2016平均配当


過去9走のオールカマーの配当を見ると、5人気以内が8勝しており2桁人気の馬券絡みがなく固めの配当が目立っていました。

今年はマリアライト、ゴールドアクター、サトノノブレス、ツクバアズマオー、クリールカイザーあたりが人気上位になるでしょうか。夏冬グランプリチャンピオンの対決がGIの前哨戦で見れるなんてすごくもったいない気さえしますね(^^)

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


第62回産経賞オールカマー 出走予定馬と血統一覧

オールカマー2016出走予定馬

フルゲート17頭に12頭が登録しています。


過去9走で勝ち馬8頭を含む複勝率92.9%の絞り込み条件を紹介

まずは絞り込み条件とその成績です。

・前走上3F順位=3~18位
・前走距離=2000~2200m
・前走クラス=G2以上
・前走馬場状態=良・稍
・当日単勝オッズ=20倍未満

オールカマー2016絞込データ

着別度数 ( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
8-2-3-1  ( 57.1%/ 71.4%/ 92.9%) 237円 / 174円


上記条件を満たす可能性のある馬は以下2頭です。

カレンミロティック
サトノノブレス

前走は、前々走からー10kg→-8kgと大きく馬体を減らし続けていたのが影響していたような気がします。2走前がメイチ感のある調教で確実に取れる方に力を入れ前走は惰性で出走していたのではないでしょうか。

その点、今回は2ヶ月以上間隔を開けていますし、2ヶ月以上の休み明け初戦は[4-2-0-2]の連対率75%と好成績を残していますので、うまくリフレッシュ出来ていればチャンスはあると見ています。


10年間勝ち続けた究極の軸馬を見つけ出した思考をマガジン化しました!

毎週noteで軸馬予想を有料配信していますが、その軸馬たちをどのようなコンセプトのもと見出し、さらに究極の軸馬にまで磨き上げていったのか書いてみました。

馬券は当てるために買うのではなく儲けるために買うという視点や、TARGETで誰でも見れるデータを見るだけではなく、それらを加工して自身しか見れないスモールデータを作り上げる方法などを記載しています。


2006~2015年の10年間、毎年プラスの通算単勝回収率147%を記録した軸馬予想について語ります。

是非、ご一読下さい。



スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/547-d9b07ac3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード