Entries

函館2歳S2016 血統 サンデー系が走らないは間違いだった?

函館2歳S(函館芝1200m)、過去9走の血統傾向をチェックします。

2歳最初の重賞、函館2歳Sに、モンドキャンノ、バリンジャー、ドゥモワゼル、レヴァンテライオン、フクノクオリアなどが出走を予定しています。キャリアが浅い上に、北海道競馬からの参戦もあったりして毎年混戦模様となっています。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


サンデー系が走らないは間違いだった?

昨年は、サンデー系の馬券絡みがほぼなかったという血統傾向を鵜呑みにして予想をしたのですが、終わってみれば父サンデー系(7頭出走)が8着までに入るというサンデー祭りっぷりでした。

まずはこの点について、何が正解なのか過去9走のサンデー系の成績をチェックしてみました。

以下画像は、サンデー系の産駒を抽出し人気別に集計したものです。

函館2歳S2016サンデー人気別

注目したのは3人気以内の該当馬が少なかったことです。

過去9走、サンデー系で3人気以内だった馬は(昨年参照した2005年のデータを含めても)5頭しかおらず、その内3頭が2015年の出走馬でした。種牡馬成績うんぬんを語る前に、能力を見込まれた馬がほぼいなかったデータを参照して、サンデー系はダメと判断してしまっていたのはまずかったかも知れませんね。

以上を踏まえて函館スプリントSの種牡馬成績も確認してみたのですが、サンデー系がダメということはなかった(今年はシュウジも走りました)ので、今回は「過去9走の函館2歳Sでは能力を見込まれたサンデー系がほぼ出走していなかったため非サンデー系天国になっていただけ」という見方に改めました。

データというものは扱い方を間違うと、間違った結果としてすべて自分に返ってくるのだと自分自身を戒め、これまでもそうでしたが、今後はより一層、注意深く扱って行こうと思いました。


以上から今年はサンデー系から馬券に絡んできそうな馬を取り上げたいと思います。

モンドキャンノ

前走4着までに入った馬はすべて勝ちあがっていることからレースレベルは高かったということでしょうし、そんなレースの中でこの馬自身まだ余裕を感じさせる走りでしたので、ここでもかなり期待していいと思います。


2016年4月から重賞予想(無料メルマガ)配信中!
→無料なのに的中率34% 馬連回収率175%

2016年4月から配信中の重賞予想(無料メルマガ)が好調です。この重賞予想(無料メルマガ)では管理人が実際に購入している、毎週の重賞の買い目をそのまま掲載しています。

能力比較・過去データ傾向・レース回顧・血統診断・コース適正・調教評価を基に検討している独自レーティングにより買い目を抽出しています。

他にも馬体重の増減やJRA-VAN DataLab.のマイニング指数を参照するため、発走1時間前に最終チェックも行っています。そのため配信が遅くなることもあるのですが(^^;


完全無料で見れる情報なのに、この3ヶ月で以下のような成績を残しています。
(2016/7/10現在)

重賞成績2016


ブログで公開する前に約1年ほど検証していたのですが、その期間も含めた成績は以下です。
(2016/7/10現在)

重賞成績2015_2016


重賞は能力に差がない事が多く、力量判断を主軸としていた私の予想法にとって苦手分野だったのですが、そこを逆手に取ってボックス馬券を採用することで活路を見出しました。

一発ドカーン!を狙うのではなく、コツコツ的中・回収を基本とする中で、時々意外性のある一発を放ち、回収率を浮上させるというスタイルです。派手さはあまりないですが、ちょこちょこ的中しますので財布には優しいかも知れません。

重賞予想歴は約1年2ヶ月のまだまだ修行中の身ですので、長い目で見て頂ければ幸いです(^^)

なお、リアル馬券で忙しい時は、極稀に配信出来ない可能性もありますので予めご了承下さい。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/475-54a5adbe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード