Entries

ダービー卿CT2016 データ分析 中山芝は差し馬場へシフト

ダービー卿CT(中山芝1600m)、過去9走のデータ傾向から好走が予想される馬は…

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


にほんブログ村トラコミュ

ダービー卿CT(2016)
ダービー卿チャレンジトロフィー2016
ダービー卿CT データ分析


第48回ダービー卿CT 出走予定馬一覧

仮想出馬表・中山11R ダービーHG3

馬名 性齢 斤量
アイライン 牝4 52
アルマワイオリ 牡4 55
インパルスヒーロー 牡6 56
エキストラエンド 牡7 57
$キャンベルジュニア 牡4 54
クラレント 牡7 58
ココロノアイ 牝4 54
サトノアラジン 牡5 57
サンライズメジャー 牡7 56
シベリアンスパーブ 牡7 54
シャイニープリンス 牡6 56
ショウナンアチーヴ 牡5 56
タガノブルグ 牡5 54
ダイワマッジョーレ 牡7 57
ダイワリベラル 牡5 56
$ダッシングブレイズ 牡4 56
テイエムタイホー 牡7 57
ニシノビークイック 牡7 52
ノットフォーマル 牝4 52
フラアンジェリコ 牡8 55
マジックタイム 牝5 53
マテンロウボス 牡5 55
ミュゼゴースト 牡4 55
メイショウヤタロウ 牡8 55
ヤングマンパワー 牡4 55
ロゴタイプ 牡6 58

フルゲート16頭に26頭が登録しています。


先週の馬場傾向 (通過順/脚質/1着馬の上3Fデータ)

2016/3/26(土)

nakaT_20160326.png

2016/3/27(日)

nakaT_20160327.png

脚質はTARGET基準ですが、見事なまでの差し馬天国になっていますね(笑)

ダービー卿チャレンジTは過去9走、そして今年も含めて2月~4月の中山開催延べ12日目に行われるため、タフな馬場になり差し馬が活躍する傾向と見て良さそうです。

1着馬の上3Fは、黄色背景がメンバー中1位、水色背景が2位、緑背景が3位、白背景が4位以下で、この土日に行われた芝コースの9レース中8レースの勝ち馬が上3F順位3位以内でしたので、タフな馬場でも速い上がりが使えそうな馬に注意したいです。

以下表はダービー卿チャレンジT過去9走の前走脚質別成績と前走上3F順位別成績ですが、前走中団から競馬をしていた馬が各脚質中で最多の5勝、前走上3F順位5位以内だった馬が7勝と、上記データとリンクしていましたので今年も例年の傾向は意識しておいた方が良さそうです。

レース検索

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 45
平地・先行 2- 3- 2- 31/ 38 5.3% 13.2% 18.4% 96 64
平地・中団 5- 3- 5- 41/ 54 9.3% 14.8% 24.1% 102 143
平地・後方 2- 2- 2- 32/ 38 5.3% 10.5% 15.8% 25 98
平地・マクリ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3F 1位 2- 3- 2- 12/ 19 10.5% 26.3% 36.8% 161 235
3F 2位 2- 1- 0- 10/ 13 15.4% 23.1% 23.1% 172 99
3F 3位 0- 0- 2- 13/ 15 0.0% 0.0% 13.3% 0 64
3F ~5位 3- 1- 1- 18/ 23 13.0% 17.4% 21.7% 143 61
3F 6位~ 2- 4- 4- 60/ 70 2.9% 8.6% 14.3% 22 87
指 1~ 5位 7- 5- 5- 53/ 70 10.0% 17.1% 24.3% 123 116
集計期間:2006. 4. 2 ~ 2015. 4. 5

ただ、今週末は雲行きが怪しいので当日の馬場傾向は直前にチェックした方が良さそうですが。


タフな馬場の影響か馬体重460kg未満の馬は不振

以下表はダービー卿チャレンジT過去9走のデータを馬体重別に集計したものです。

レース検索

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
420~439kg 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 21
440~459kg 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
460~479kg 3- 1- 4-22/30 10.0% 13.3% 26.7% 139 189
480~499kg 3- 3- 2-40/48 6.3% 12.5% 16.7% 70 72
500~519kg 2- 1- 3-24/30 6.7% 10.0% 20.0% 32 111
520~539kg 1- 3- 0-11/15 6.7% 26.7% 26.7% 110 103
540~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
指300~459kg 0- 1- 0-17/18 0.0% 5.6% 5.6% 0 8
集計期間:2006. 4. 2 ~ 2015. 4. 5

460kg未満馬の馬が[0-1-0-17/18]と不振でした。唯一連帯していた馬は前走重賞2着のダイワマッジョーレで、重賞でも連帯するような実力馬か、これまでのレースぶりなどから実力が認められるような馬でなければ思い切って軽視しても良さそうです。

以上、過去レース傾向や先週の馬場傾向を踏まえて期待したい馬は…

キャンベルジュニア

前走強い勝ち方だったのもありますが、注目したのは中山芝1600mで魅せたパフォーマンスです。その時のレースぶりが中団から進み速い上がりを示しての勝利で今回求められそうな要素を存分に見せつけてのものでした。しかも直線では狭いところをグイグイと他馬を威圧して近寄らせないようなオーラを放っていたように見えました。

あとは内過ぎず、外過ぎずの4~5枠をゲット出来れば期待度が高まります。

最後に馬場改修後の中山芝1600m重賞血統傾向から、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒無双状態でしたのでエキストラエンド、サトノアラジン、マテンロウボスにも注目します。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/325-e3f9c07b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード