Entries

エリザベス女王杯2015 データ予想 晩成タイプの好走条件

エリザベス女王杯2回目の考察です。例によって過去10走のデータを参照しています。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


にほんブログ村トラコミュ

◆エリザベス女王杯(2015)
◆エリザベス女王杯2015
◆エリザベス女王杯 データ分析


桜花賞&オークス未出走の晩成タイプで複勝率71.4%の好走データ

・桜花賞&オークス未出走
・休み明け2~3戦目
・前走脚質=中団より前
・前走距離=2200m~2400m

レース一覧・本レースより前の全レース・前走成績一覧/マークデータ/マークデータ/マークデータ
日付 開催 レース名 馬番 CC 馬名S 人気 着順 単勝配当
141116 5京4 エリザベG1 11R 1   ラキシス 3 680
141116 5京4 エリザベG1 11R 2   フーラブライド 10 (30.7)
131110 5京4 エリザベG1 11R 18   ラキシス 6 (16.7)
121111 5京4 エリザベG1 11R 6   ピクシープリンセス 5 (14.3)
101114 6京4 エリザベG1 11R 9   メイショウベルーガ 2 (3.1)
101114 6京4 エリザベG1 11R 14   アースシンボル 12 14 (99.9)
091115 5京4 エリザベG1 11R 7   クィーンスプマンテ 11 7710

桜花賞&オークス未出走だった晩成タイプが、上記条件を満たすと好走率がかなり高くなっており、11人気で1着のクィーンスプマンテ、10人気で4着フーラブライドなど下位人気でも好走例がありました。

休み明け2~3戦目で好走率が上がる理由についてはこちらのエントリ「エリザベス女王杯2015 データ予想 秋華賞組で好走傾向の馬」を参照下さい。

あと、後方脚質だと届きづらかったのと、前走で2200m~2400mの距離を経験している馬は本番で良い成績をあげる事が多かったです。

今年は上記条件を満たしていた馬が3頭もいました。

中でも期待したい馬の名は『マリアライト』です。

前走は上位入線馬が比較的内を回して好走していた中、この馬は勝負所で外々を回しかなりロスの大きな競馬だったと思います。それでも掲示板を確保していたのは立派でした。

また、この馬の父はエリザベス女王杯の舞台で好走例が多いですし、上記条件+父の血統で絞ると該当馬3頭ながら複勝率が100%になります。脚質的に外枠だと道中や勝負所で外を回らされるためか、勝ち鞍がなく3着までしか来れていませんでしたので、出来れば中枠より内が欲しいですね。

ちなみにあとの2頭はフェリーチェレガロとフーラブライドでしたが、やはり血統を比較すると前述の馬の方が魅力的と感じました。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/135-7ea948c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード