Entries

函館記念2018 巴賞組の好走パターンについて考察してみた

函館記念 過去10年のデータ参照し
巴賞組の好走パターンらしきデータを発見したので紹介します。

函館記念 過去10年における3着内シェアはトップのローテなので要チェックです!
※率はそれほど高くありません。

※札幌で行われた2009年分のデータは除外しています。


ブログランキングに参加中です。クリックのご協力をお願い致します(^^)

 

スポンサーリンク

[巴賞組の好走パターン]

・前走頭数=11頭以上(多頭数ほど距離ロスを経験しやすくそれが活きる)
11番より内(函館記念ではなるべく距離ロスを受けにくい内がベスト)

※各条件による集計は「TARGETのレース検索」を利用しています。

函館記念2018 巴賞組好走パターン該当馬オッズ別成績
(巴賞組の上記2条件該当馬 単勝オッズ別集計)


芝1800→芝2000の距離延長への対応力が問われている印象があり、各条件の()内に
書いたようなことが函館記念での結果に影響していると推測します。

例が少ないので、その裏付けとなるか分かりませんが
巴賞組の好走パターン該当馬をチェック種牡馬別に集計するとどちらかと言うと
瞬発力よりもスタミナ寄り血統の活躍が多い点もリンクしている気がしました。

函館記念2018 巴賞組好走パターン該当馬種牡馬別成績


ちなみに今年の巴賞組は好走パターン該当馬になる可能性のある馬はいますが
血統に注目するとナイトオブナイツとナスノセイカンあたりは、距離延長への対応力
と言う意味で面白いのかなと言う気はします。

果たしてデータ通り都合のいい結果となるのか注目したいです。

※人気ブログランキングの更新には30分ほど時間がかかる場合があります。
※オッズは予想オッズでチェックし枠番は考慮していません。
※慎重にチェックしていますが情報に誤りがある場合があります。
※当記事を参考にされる場合は、念のため正誤確認をお願いします。

スポンサーリンク

オススメ記事

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/1055-acd95955

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

レジまぐ



twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

検索フォーム

RSSフィード