Entries

プロキオンS2017 過去5年データ 前走後方脚質馬は不振傾向

どうも、こんちわ~(^^)

蒸し暑い日が続きますので熱中症には気を付けましょう!

さて、先週はラジオNIKKEI賞を的中出来たのですが、最後の最後に馬券から外したロードリベラルが猛追して来た時は、もう顔面蒼白になりながらウインガナドルがんばって~!と心の中でものすごく祈っていました。

今回は紙一重で的中出来て良かったです。

ボックス馬券では指名馬を減らす(無理には減らしませんが)ことは収支に直結する部分でもありますので、今後もこういうギリギリの取捨ての勝負も続けたいと思いました。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


過去5年のプロキオンSのデータを参照したところ

父がキングマンボ系を除くミスプロ系とノーザンダンサー系からは好走馬が1頭しか出ていませんでした。

同じミスプロ系でありながらキングマンボ系は出走馬のほとんどが好走してるのが血統の不思議なところですね。

ちなみに今年はキングマンボ系の出走予定馬はいませんでした。

また、ミスプロ系、ノーザンダンサー系の出走予定馬が多く、1~2人気はミスプロ系のカフジテイクとノーザンダンサー系のエイシンバッケンになると思うので、今年はこの傾向が途切れる可能性も十分にあるのですが、実はこの2頭とも前走後方脚質馬で、前走後方脚質馬もこのレースとは相性が悪いので、この当たりのデータを参考にバッサリ切るという手もあるかも知れません。

予想配信までギリギリの取捨てラインを検討します。



スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/677-cc55089e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード