スポンサーリンク

Entries

皐月賞 2017 中山馬場改修後はディープ・キンカメ天国

いよいよクラシック三冠競走の第一弾、皐月賞が4/16(日)に行われます。

今年は牝馬のファンディーナも出走を予定していて盛り上がりそうですね。

JRA発表のプレレーティングでは、距離区分が違うものの(牡馬と比較時4ポンドプラスで)カデナと同一の値となっていましたので、チャンスも十分あるのではないでしょうか。

それでは今回は、馬場改修前後に分けて好走傾向の血統(過去9走データ参照)について見て行きます。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


[馬場改修前] 皐月賞2017血統馬場改修前

[馬場改修後] 皐月賞2017血統馬場改修後

馬場改修前はディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒ともに勝ちがなく、連対率や複勝率も平凡以下だったのが、馬場改修後はディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、ディープと同配合のブラックタイド産駒しか馬券内に絡んでいませんでした。

馬場改修後の好走馬の顔ぶれを見ると血統関係なく強い馬であるのも事実ですが、傾向としては見過ごせない変化と言えるでしょう。


[皐月賞2017出走予定馬の血統一覧] 皐月賞2017出走予定馬血統表

[ルーラーシップ産駒の中山成績] ルーラーシップ産駒中山成績

[ルーラーシップ産駒の中山芝2000m成績] ルーラーシップ産駒中山芝2000成績

今年出走を予定している馬の血統を見て気になったのは、キングカメハメハを父に持つルーラーシップの産駒です。

ルーラーシップ産駒の中山での成績を見ると、なかなか良い成績を残していますので侮れないですし、中山芝2000mに絞って見てもダンビュライトが重賞の弥生賞で3着しているように、格が上がっても通用していますので皐月賞でも注目したいです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/652-8c38ee4f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード