Entries

桜花賞 2017 断然人気馬も避けたい内枠不利の傾向データ

今週末はいよいよ、牝馬三冠の第一弾である桜花賞が行われます。

強いキタサンブラックが勝った大阪杯の余韻に浸りながら、桜花賞の過去10年のデータから傾向を探ります。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


桜花賞2017ラップ

過去10年の桜花賞のラップを見ると「RPCI=赤」が多く、逃げた馬が前傾ラップを刻むことも珍しくないのですが、PCI3を見ると黄と緑だけですので、馬券圏内だった馬はフラットから後傾でコントロールされた馬の好走しかありませんでした。

※PCI3とは、そのレースの上位3頭の馬のPCIの平均値で、PCIとは大きいほど後傾、小さいほど前傾であることを示します。

逃げ馬の好走も、逃げ馬自身がフラット~後傾ラップだった時のみですので、逃げ馬を含む前に行きそうな馬の取捨てとしては、前傾かそうでないのかのタイプから判断すると良さそうです。

今年の出走予定メンバーでは、2頭の逃げ馬候補(レーヌミノルとショーウェイ)がいますが、以下戦績を見ますと、いづれもPCIが50を割り込む前傾ラップを刻む事が多く、しかもこの2頭が競合することでハイペースとは言わないまでも、この2頭に関してはそこそこの前傾ラップを刻んでしまう可能性が高く、割り引いて見ておきたいと思います。

ショーウェイ
桜花賞2017ショーウェイ

レーヌミノル
桜花賞2017レーヌミノル


逆に前走上3F順位が上位だった馬の好走率が高くなっていました。

また、先週の大阪杯でも出ていた内枠不利の傾向(開催が進み内側が荒れているためと推測)は、桜花賞過去10年のデータを見ても以下のように顕著ですので、フラットからスローの流れで速い上がりを使い好走して来たような馬が5枠より外に入ったら積極的に中心として考えたいですね。

桜花賞2017馬番

という訳で、ここまでの考察から注目したい馬は以下の5頭で、恐らくこの5頭が5人気以内を占める気がします。

ソウルスターリング
ミスパンテール
アドマイヤミヤビ
リスグラシュー
ミスエルテ


中でも注目は、ソウルスターリングです。

チューリップ賞の時くらい折り合いが付けば、恐らく突き抜けるのではないかと考えています。

あとは枠順ですね。5番より内を引いてしまうと、あのメジャーエンブレムでも4着に負けていますので、ソウルスターリングでも乗り方が非常に難しくなると思います。

道中は溜めて馬場の中から外に出して追い出すのが必勝パターンなのに、内枠だと溜めることが出来ても、外の馬も同じような乗り方をするはずで、そうなると外に出すタイミングが難しくなり不発ということも十分考えられます。

かと言って出して行って前傾ラップで走ってしまうと、後ろに捕まる可能性が高くなりますので、内枠を引いてしまった時の乗り方としては、一旦前に出して行き少し外に張り出してから折り合いをつけてじわっと下げていき位置をとり、外に出しやすいポジションで脚を溜めるというステップを踏まなくてはならなくなりますし、外枠に前に行きたいタイプの馬が密集してしまうと、その選択肢すらなくなりますので、強い馬であっても内枠を引てしまうと騎手の戦略や馬をコントロールする能力、そして外枠に前に行きたい馬が少ないという運までもが必要になってきます。


あと、あまり桜花賞とは連動しない事が多いフィリーズレビュー組ですが、勝ったカラクレナイは自身のPCIが49.3とギリギリ平均と言えるペース配分での勝利ですので、意図していたのかどうかわかりませんが、レーヌミノルとは違い桜花賞を意識したようなラップにギリギリなってはいますので、フィリーズレビュー組だからと簡単に軽視するのは禁物かも知れませんし、JRA発表のレーティングもアドマイヤミヤビと並ぶ2位を獲得していますので、人気しないのであれば面白い存在かも知れません。

それでは枠順発表を楽しみに待ちましょう!


最後に、少し宣伝をさせて頂きます(^^)

有料メルマガ「実践投資競馬#重賞編」で、11月の創刊から5ヶ月連続プラスとなる、中央重賞の通算回収率172.41%(地方交流重賞の回収率142.53%)という成績を残すことができました!

レジまぐで全て予想を登録しておりゴールドメンバーの会員様であれば通算成績に偽りがない事も確認出来ます。

これは本当にうれしい実績なのですが、長年馬券を買い続けてきて競馬の厳しさを良く知っている者としては、たった5ヶ月の通算回収率が良かったというのは、まだまだ運レベルでしかないとも考えています。本番はこれからです。

配信を続ける中で、的中に対するお礼や、連敗時の激励などのコメントを頂くことが、みなさんに的中馬券をお届けして、その喜びを共有したいという思いや、このメルマガをより良いものにしたいという原動力になっていると痛感させられました。

メルマガ購読者様にはこの場を借りて、お礼を申し上げますとともに、この先1年、2年、3年と継続してプラスの実績を残せるように、引き続きコツコツと馬券精度向上に努めてまいりますm(__)m

もしよろしければ、メルマガをご購読頂き一緒に競馬を楽しみましょう!



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/646-3b963a46

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード