スポンサーリンク

Entries

大阪杯 2017 ラップ傾向から見る逃げ馬の取り扱いについて

今年からG1に昇格された大阪杯。

G2からG1に昇格することで、微妙に傾向が変化する可能性はありますが、そこらへんはあまり意識せずに阪神芝2000mで行われる重賞という部分に重きを置いて逃げ馬の取り扱いについて考察してみました。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


過去10年のラップを見たところ、基本フラット~スローで流れていました。

大阪杯2017ラップ

ラップ表の右から3つ目の項目「RPCI(ペースの判断指標値のようなもの)」を見ると、ハイペースだった赤背景の年は逃げ馬が馬券に絡んでいませんでしたので、逃げ馬を馬券に組み込むときは、溜め逃げからそこそこの上りが使えるタイプを選ぶのが良さそうですね。


以下画像は過去10年の逃げ馬成績ですが「PCI=~55」以上の平均~スローで逃げた馬が圏外になったのは1回だけでしたので、イメージとしてはそういう競馬をしてきそうな馬が軸に相応しいのかなという印象を受けましたし、上3F順位も4~8位とまさにそこそこの上りでまとめている馬でもありましたので、まず押さえておきたい傾向かなと感じました。

大阪杯2017逃げ馬成績

以上を踏まえて今年の出走予定メンバーを見渡すと、逃げ馬候補はマルターズアポジー、ロードヴァンドール、キタサンブラックの3頭がいました。

逃げ馬候補3頭の過去成績を見ると、恐らくマルターズアポジーが行きますね。一応ロードヴァンドールもハナの可能性を探ると思いますが、マルターズアポジーが譲らずに押していくと思います。

マルターズアポジー、ロードヴァンドールの重賞でのペースを見ると平均~ハイラップよりで進め、上りをそこそこまとめるというイメージはどちらかというと薄く、この記事で見て来た好走出来そうな逃げ馬というイメージは沸いてきませんでしたし、同型の逃げタイプが競合することで、マルターズアポジー、ロードヴァンドールお互いにとって、このコースでは不利な状況を作ってしまう可能性が高そうです。


そこで注目したのは、マルターズアポジー、ロードヴァンドール2頭の逃げ争いを見ながら少し離れた3番手で馬群を従えていそうな、このコースで好走を演じてきた逃げ馬の位置につけることが出来て、そこそこの上がりを使いこれまでの重賞戦線で好成績を残してきた

キタサンブラック

大阪杯2017キタサンブラック

キタサンブラックの過去、古馬重賞での戦績を見ても、平均~スローの流れでそこそこの上がりを使って上位入線するというのが好走パターンでもありますので、大阪杯で勝利する可能性が一番高い気がしました。

まぁ1人気でしょうし、どんな展開になっても堅実で、馬券圏外になったのはダービー1回だけなんですけどね(^^;


それでは最後に、少し宣伝をさせて頂きます(^^)

有料メルマガ「実践投資競馬#重賞編」で、11月の創刊から5ヶ月連続プラスとなる、中央重賞の通算回収率172.41%(地方交流重賞の回収率142.53%)という成績を残すことができました!

レジまぐで全て予想を登録しておりゴールドメンバーの会員様であれば通算成績に偽りがない事も確認出来ます。

これは本当にうれしい実績なのですが、長年馬券を買い続けてきて競馬の厳しさを良く知っている者としては、たった5ヶ月の通算回収率が良かったというのは、まだまだ運レベルでしかないとも考えています。本番はこれからです。

配信を続ける中で、的中に対するお礼や、連敗時の激励などのコメントを頂くことが、みなさんに的中馬券をお届けして、その喜びを共有したいという思いや、このメルマガをより良いものにしたいという原動力になっていると痛感させられました。

メルマガ購読者様にはこの場を借りて、お礼を申し上げますとともに、この先1年、2年、3年と継続してプラスの実績を残せるように、引き続きコツコツと馬券精度向上に努めてまいりますm(__)m

もしよろしければ、メルマガをご購読頂き一緒に競馬を楽しみましょう!



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/644-706f1f3c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード