スポンサーリンク

Entries

ジャパンカップ 2016 データ 外国馬の成績と取捨について

ジャパンカップ2016の過去10年のデータを参照して傾向を調べてみました。


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)



ツイート時点でキタサンブラックゴールドアクターの登録見落としてました。小粒とか言ってすいません(^^;

それによく見ると菊花賞は輸送で入れ込んでか力を出し切れなかったであろうディーマジェスティとか直線でリアルスティールに蓋をされて流れに乗りきれなかったルージュバック等の巻き返しもありそうですね。

イラプトあるかなと一瞬思いましたが結構ギリギリのラインでいらなくなるかもしれません。


過去のペース傾向から基本はスローで流れます。そんな中で平均で流れたのは制御の難しいタイプ(リーチザクラウン)がいた時、あとは外枠に先行脚質の馬が密集した時でしょうか。あと可能性があるとすれば外国馬の奇襲くらいでしょうかね。

今年のメンバー構成を見ると軽快に先行するようなタイプが皆無でドスローが濃厚そうです。ラストインパクトキタサンブラックが出たなりでハナのような感じでしょうかね。

となるとディープ丼のようなことも想定しておいた方が良いかも知れませんね。


こちらは結構穴っぽいデータです。

11月の東京芝2000~2400m過去3年の種牡馬成績を見るとダンジグ系の平均着順がトップで血統面でもフィットしています。

ただ前走国内組で馬券になっていた馬は全て前走重賞からの参戦で特にGIからの馬の成績が優秀だったので能力的な面でなかなか難しいとは思います。


そもそも当日7人気以内の牝馬の成績が[5-2-3-7]と優秀ですので天皇賞秋を経由してきたルージュバックにとっては追い風となるデータですね。


人気以外の該当馬は以下で

リアルスティール
ルージュバック
レインボーライン
サウンズオブアース
ビッシュ
アルバート
シュヴァルグラン
トーセンバジル

当日5~9人気の範囲に入りそうな馬は

シュヴァルグラン
ルージュバック
レインボーライン
サウンズオブアース
ビッシュ

こんな感じでしょうか?ビッシュは2桁人気になる可能性もあるかも知れませんがディープ産駒の牝馬なので押さえておいても良い気はします。

ルージュバックシュヴァルグランはかなりチャンスがあると思います。


マイニング指数の更新タイミング(ホームページより抜粋)

1.対象レースの出馬表が発表された直後(通常金曜日または土曜日)
2.対象レース開催日の朝(当日朝時点での天候、馬場状態等を加味した予測)
3.対象レース発走時刻の約1時間前(馬体重等を加味した予測)

とのことで集計時は3.を参照していますのでそこはご注意を。

マイニング指数が上位だった馬は比較的人気が薄い馬でも好走が目立っていました。5位以下で人気薄の馬がいたら狙ってみても良いかも知れませんね。


11/25(金)確認のマイニング上位5頭(上から上位)
※○数字は現在の人気

⑥シュヴァルグラン
⑨レインボーライン
①ディーマジェスティ

⑩ラストインパクト

⑬トーセンバジル

当日9人気以内までとするとラストインパクトまでがボーダーか。
上位3頭は当日の馬場傾向次第では全然あると思いますね。

当日の天気や馬場、馬体重の増減で微妙に変化する事もあるので当日どうなってるかも注意したいです。


参考になったという方はアルパカのクリックにご協力願いますm(__)m




スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/606-b8bd5172

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード