スポンサーリンク

Entries

ファンタジーS2016 穴馬は前走芝1200組から出ていたデータ

ファンタジーS(京都芝1400m外)過去10走のデータから予想される好走条件を探ります。

以下はファンタジーS、過去10走の平均配当と人気別成績です。


ファンタジーS2016平均配当


ファンタジーS2016人気別成績


ファンタジーS過去10走の平均配当を見るとそこそこ荒れる傾向と言えそうで人気別成績を見ても1人気の連対が過去10走で2回だけと2歳牝馬限定重賞の難しさを感じさせる内容となっていました。

2週前にアイビーS(オープン)を制したソウルスターリングに続き、今世代では何かと注目を集めているFrankel産駒ミスエルテが圧倒的1番人気に支持されそうです。続く2人気には札幌2歳Sで2着だったブラックオニキスでしょうか。あとはちょっと良く把握できていません(^^;

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


第21回KBS京都賞ファンタジーS 出走予定馬と血統一覧

ファンタジーS2016出走予定馬

フルゲート18頭に12頭が登録しています。


穴馬の多くは前走芝1200m組から出ていた

まずは好走傾向データの絞り込み条件とその成績です。

前走距離=芝1200m
前走4角位置=1~6番手
前走PCI3=46以下
・馬体重=470kg未満
・体重比=12.5%以下

ファンタジーS2016絞込データ

着別度数 ( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
5-0-4-7  ( 31.3%/ 31.3%/ 56.3%) 1233円 / 485円

近2年は平均ペースだったが基本的にはハイラップを刻むレースで、その流れに乗った上で平坦の直線を活かして粘り込むような馬が穴をあけている感じでした。実際に過去10走の勝ち馬のうち8頭は当日逃げ・先行脚質から出ていました。


今年は上記条件の前走PCI3=46以下以外を満たしていた馬が2頭いました。

アオアラシ
クールファンタジー

PCI3=48以下に条件を緩めれば2頭とも拾えていますし、その場合でも着外が3頭増えるだけで成績はそこまで落ちていませんので2頭とも穴馬として注目しておきたいですね。全体像が見えていませんので人気薄になるかはちょっと不明瞭ですが(^^;


10年間勝ち続けた究極の軸馬を見つけ出した思考をマガジン化しました!

毎週noteで軸馬予想を有料配信していますが、その軸馬たちをどのようなコンセプトのもと見出し、さらに究極の軸馬にまで磨き上げていったのか書いてみました。

馬券は当てるために買うのではなく儲けるために買うという視点や、TARGETで誰でも見れるデータを見るだけではなく、それらを加工して自身しか見れないスモールデータを作り上げる方法などを記載しています。


2006~2015年の10年間、毎年プラスの通算単勝回収率147%を記録した軸馬予想について語ります。是非、ご一読下さい。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/588-ff4c4cba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード