スポンサーリンク

Entries

シリウスS2016 データ 前走から5週以内の今回昇級馬が6勝

シリウスS(阪神ダ2000m)、過去9走のデータから予想される好走条件を探ります。

以下はシリウスS、過去9走の平均配当です。


シリウスS2016平均配当


過去9走のシリウスSの配当を見ると馬連での万馬券がなく固めの印象ですが、そのイメージが浸透しているためか順序が入れ替わるだけで3連単が意外とついている気がしました。

今年はアポロケンタッキー、キョウエイギア、マスクゾロ、ミツバ、ピオネロあたりが人気上位になるでしょうか。チャンピオンズカップに向けて幸先のいいスタートを切るのはどの馬でしょうね。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


第20回シリウスS 出走予定馬と血統一覧

シリウスS2016出走予定馬

フルゲート16頭に13頭が登録しています。


5週以内の間隔で使われている今回昇級戦の馬が6勝している

まずは絞り込み条件とその成績です。

今回昇級戦
間隔=1~5週
・前走上3F順位=3位以内
・前走コース=右回り
・前走馬体重=460kg以上

シリウスS2016絞込データ

着別度数 ( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
6-0-1-0  ( 85.7%/ 85.7%/100.0%) 521円 / 270円


上記条件を満たしていた馬は

ミツバ

昨年のデータ考察時にも書きましたがシリウスSでは毎年、夏の昇り馬の能力上昇値に対するハンデが過小になっていると感じます。春先からの実績馬と夏の昇り馬の力関係を絶対的に見極めるのが難しく(実際に戦ってみないと実力差が見え辛い時期のため)そのようになっているのかと。

昨年も昇級戦だったアウォーディーが55kgで3馬身差をつけて圧勝していました。結果を見てしまえばハンデが軽かったと言えますがそれでも3人気に甘んじていた訳で55kgでもファンはそこまでの評価しかしていなかったのが実際のところですので、この時期に成長力を見積もってレース前にハンデを設定するのは中々難しい事なのかもしれません。

ミツバは阪神ダ2000は初めてになりますが、阪神ダ1800では結果を出していますし脚質的にも阪神ダ2000になった方がよりフィットすると見ています。ただ、今年に関しては実績馬の実力が高くハンデ差で埋まるかギリギリのところかもしれませんが。


10年間勝ち続けた究極の軸馬を見つけ出した思考をマガジン化しました!

毎週noteで軸馬予想を有料配信していますが、その軸馬たちをどのようなコンセプトのもと見出し、さらに究極の軸馬にまで磨き上げていったのか書いてみました。

馬券は当てるために買うのではなく儲けるために買うという視点や、TARGETで誰でも見れるデータを見るだけではなく、それらを加工して自身しか見れないスモールデータを作り上げる方法などを記載しています。


2006~2015年の10年間、毎年プラスの通算単勝回収率147%を記録した軸馬予想について語ります。

是非、ご一読下さい。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/556-9b2232c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード