スポンサーリンク

Entries

ローズS2016 データ ひと夏越した牝馬の成長力は凄まじい

ローズS(阪神芝1800m外)、過去9走のデータから予想される好走条件を探ります。

以下はローズS、過去9走の平均配当です。


ローズS2016平均配当


夏競馬の重賞との比較で見ると落ち着いた平均配当に見えますが、1人気の信頼度が[4-2-1-2] 44.4% 66.7% 77.8% と高い事を踏まえると意外に良い配当になっていて、夏を越して1段階成長してきている伏兵が潜んでいるといった感じでしょうか。

今年はシンハライト、ジュエラー、カイザーバル、ラベンダーヴァレイ、レッドアヴァンセあたりが人気上位になるでしょうか。中でもシンハライトは抜けた1人気になりそうで、先にあげた1人気の信頼度の高さからも馬券からは外せない1頭になりそうです。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


第34回関西テレビ放送賞ローズS 出走予定馬と血統一覧

ローズS2016出走予定馬

フルゲート18頭に18頭が登録しています。


過去9走の3着内馬27頭中26頭が前走上3F順位5位以内から出ている

まずは絞り込み条件とその成績です。

・前走上3F順位=5位以内
・前走距離=芝1800m以上
・前走クラス=重賞

ローズS2016絞込データ

頭数( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
 26( 26.9%/ 50.0%/ 53.8%) 283円 / 158円

上記絞込データ中、2頭以上出走馬がいたレースは7つあり、該当馬の馬連ボックスを買っていれば4回的中で回収率が800%を超えていました。

馬連2万超えのレースも含んでの結果ですが、その高配当を除いてもまだ回収率300%を超えていましたので、ひと夏越して成長してきた伏兵の台頭を期待して上記の傾向を丸呑みというのも面白いかも知れませんね。

上記絞込データを前走人気別に見ると、さらに面白い傾向がありました。

ローズS2016絞込データ2

前走上位人気に支持されていた馬の好走率が高いのは普通なのですが、前走6人気以下だった馬の好走率が高いのは、やはりひと夏越しての成長を示していると考えるのが妥当ではないでしょうか。

その証拠に上記の前走6人気以下からローズSで好走していた馬の前走着順はすべて4着以下からでした。これは成長期を経て馬が変わってくる時期ならではの傾向と言えるでしょう。


上記条件を満たす可能性のある馬は以下3頭です。

シンハライト
デンコウアンジュ
レッドアヴァンセ

姉リラヴァティの先近の活躍を見ているとシンハライトもひと夏越して成長を伺えそうですね。


10年間勝ち続けた究極の軸馬を見つけ出した思考をマガジン化しました!

毎週noteで軸馬予想を有料配信していますが、その軸馬たちをどのようなコンセプトのもと見出し、さらに究極の軸馬にまで磨き上げていったのか書いてみました。

馬券は当てるために買うのではなく儲けるために買うという視点や、TARGETで誰でも見れるデータを見るだけではなく、それらを加工して自身しか見れないスモールデータを作り上げる方法などを記載しています。


2006~2015年の10年間、毎年プラスの通算単勝回収率147%を記録した軸馬予想について語ります。

是非、ご一読下さい。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/537-ceeec4d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード