Entries

宝塚記念2016 血統 ステゴ産駒の居ぬ間のディープ産駒

宝塚記念(阪神芝2200m)、過去9走の結果から血統傾向を探ります。

今年は、過去9走で5勝をあげていたステイゴールド産駒がいませんので、繰り上がりでディープインパクト産駒に注目してみました。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


軸馬予想(有料)の軸馬が単勝回収率アップフィルタに該当していた時の成績

極印201503_201606

画像は2015年3月14日から現在も公開し続けている、軸馬予想の軸馬が単勝回収率アップフィルタに該当していた時の成績です。

単勝回収率アップフィルタとは、軸馬予想で単勝回収率150%を実現するために、各軸馬の出走条件に応じて適した絞り込みを行うもので、過去10年の軸馬予想データに適用すると、単勝回収率150%前後になります。

単勝回収率アップフィルタは、軸馬予想の有料noteで随時公開しています。単勝回収率アップフィルタは現在、103パターンあり随時増加中です。

上には上がいて、これで満足していいのか分かりませんが、現時点の感想は「我ながら良くここまで昇華したもんだな」といったところで、文字通り予想の「軸」が出来上がったかなと感慨深いものがあります。

特に強調したいのは、競馬界を取り巻く環境が目まぐるしく変わっていく中で、10年間という長期スパンで毎年結果を残すことが出来ていることです。このブログで公開してきたデータはまだ1年と数カ月分しかありませんが。

ではその10年間で見てきたデータとは何か?答えは馬の能力値データです。競馬にはいろんなファクターがあり、新たに使うべきものが増えたり、時には時代遅れになるものもあったりする中で、馬の能力値データはその瞬間、瞬間で絶対的なデータであると言えるのではないでしょうか。

当たり前と言えば当たり前の事なのですが、競馬で勝つための基本中の基本が、馬の能力値を見極めるということで、長期間にわたって馬券で勝つための軸とするべき重要なファクターであると個人的には考えています。もちろんそれだけで勝てるようになるとは言いませんが、基本としてここがあるか無いかで優位性が大きく変わってくると思います。

さてさて、前振りが長くなりましたが、宝塚記念3本目の記事をどうぞ(^^)


ステイゴールド産駒がいない今年はディープインパクト産駒の出番か!?

まずは、出走予定馬の種牡馬別成績です。

宝塚記念2016種牡馬

18頭の登録がありますが、4頭の父親の勢力争いということになっていますね。今回はこの中から勝ち切りはないまでも、馬券に絡んだ回数が一番多かったディープインパクト産駒に注目してみました。


ディープインパクト産駒の中でも、以下条件を満たしていた馬は複勝率100%でした。また、対象馬5頭中4頭が5人気以下だったので、真っ先にチェックしておきたい血統データです。

・前走上3F順位=4位以下 or 前走海外組は前走斤量55kg未満の馬

宝塚記念2016ディープ産駒

( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
( 0.0%/ 40.0%/100.0%) 0円 / 716円


前走上3F順位上位馬を嫌った理由については、こちらの記事→「宝塚記念2016 データ 同年2000~2500m重賞の勝ち馬に注目」に書いていますのでご覧下さい。

前走海外組は背負う斤量によって疲労の抜け具合に影響がないかと推測してみました。

今年は過去9年で5勝していたステイゴールド産駒がいないので、上記傾向を持つディープインパクト産駒に順番が回ってきそうな気がしています。

以上の傾向を参考に注目したい馬は

マリアライト

この馬の近3走を見ていると、切れ味が信条というタイプではなく持久勝負に優れた馬という印象で、前走も直線外の馬に交わされた時、見てるこっちが諦めたにもかかわらず、馬はもうひと伸びを見せて2着を死守していました。宝塚記念ではまさにあのようなねばっこさが活きるイメージがあり注目したい1頭です。


2016年4月から重賞予想(無料メルマガ)配信中!
→無料なのに的中率37.5% 馬連回収率208%

2016年4月から配信中の重賞予想(無料メルマガ)が好調です。この重賞予想(無料メルマガ)では管理人が実際に購入している、毎週の重賞の買い目をそのまま掲載しています。

完全無料で見れる情報なのに、これまでの成績は的中率37.5%、馬連回収率208%と自分で言うのもなんですが(誰も言ってくれないので(^^;)かなり優秀です。

天皇賞春は5頭BOXで馬連2万馬券を的中しました!3連複は買っていませんが指名した5頭のうち上位3頭を含んでいて、ゴールドアクターはバッサリ切るというほぼ完璧な内容にも満足しています。

また惜しいだけに終わってしまいましたが、カレンミロティックの単勝も押さえていました。

能力比較・過去データ傾向・レース回顧・血統診断・コース適正・調教評価を基に検討している独自レーティングにより買い目を抽出しています。

他にも馬体重の増減やJRA-VAN DataLab.のマイニング指数を参照するため、発走1時間前に最終チェックを行っています。

平均買い目数が大体6点くらいの小点数ボックス買いスタイルで、的中率4割弱・回収率200%を目指して奮闘中(この目標値は実は2015年ダービー以降の重賞予想での実績値)ですので、是非以下フォームから登録をお願いします。

重賞予想歴は約1年のまだまだ修行中の身ですので、長い目で見て頂ければ幸いです(^^)

なお、リアル馬券で忙しい時は発走時間ギリギリになるか、極稀に配信出来ない可能性もありますので予めご了承下さい。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/436-b4ac0232

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード