スポンサーリンク

Entries

ダービー卿CT2016 血統 馬場改修前後で傾向に変化が見える

中山芝1600m重賞、過去5年の血統データを参考にダービー卿CT2016で注目したい血統は…

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)




中山芝1600m重賞、過去5年の血統データ

参照した重賞(参照データ数=150件)

・フェアリーSG3
・ニュージランドTG2
・京成杯オータムHG3(ハンデ)
・ダービー卿CTG3(ハンデ)
・朝日杯フューチュリティSG1
・ターコイズS(ハンデ)

以下表はダービー卿CT2016登録馬の種牡馬が、中山芝1600m重賞に出走した時の成績で、上から順に馬場改修後の集計、馬場改修前の集計になります。

CT_BL1.png

CT_BL2.png


馬場改修前後で傾向に変化が見える

馬場改修前後の傾向の変化で最も気になったのがダイワメジャー産駒の成績です。馬場改修前は15回の出走機会で最多の4勝をあげ幅を利かせていましたが、馬場改修後は6回の出走機会で全て馬券圏外になっていました。

以下表は馬場改修後のダイワメジャー産駒の成績内訳ですが、ダローネガ2人気8着、マテンロウハピネス3人気12着と人気サイドの馬が大幅に期待を裏切る場面もありました。データ件数が少なすぎて断言までは出来ませんが、馬場改修前後で好走血統傾向に変化が生じている可能性が高く当コースにおけるダイワメジャー産駒の成績は馬場改修前後の好走血統傾向変化のバロメータとして今後も注意して見ておきたいです。

レース一覧・種牡馬:(複数)/マークデータ/種牡馬:ダイワメジャー

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
160111 1中4 フェアリG3 11R 13 クードラパン 4 (8.0)
151219 5中5 ターコイH 11R 1 ゴールデンナンバー 13 11 (32.1)
150913 4中2 オータムHG3 11R 10 ダローネガ 2 (5.3)
150913 4中2 オータムHG3 11R 5 ブレイズアトレイル 8 (15.3)
150411 3中5 ニュージG2 11R 4 マテンロウハピネス 3 12 (6.0)
150405 3中4 ダービーHG3 11R 13 ブレイズアトレイル 7 (18.0)
集計期間:2015. 4. 5 ~ 2016. 1.11


キングマンボ系は馬場改修前後にかかわらず好走傾向

以下表は「ダービー卿CT2016登録馬の種牡馬が、中山芝1600m重賞に出走した時の成績」からキングカメハメハ産駒を抽出し年別に集計したもので、馬場改修前から好走傾向でした。馬場改修後の中山芝中距離では破竹の勢いを示す系統で、データ数が整って来ればマイルでも更なる快進撃をする可能性もあるので、その辺りも注目しておきたいです。

レース一覧・種牡馬:(複数)/種牡馬:キングカメハメハ

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2015年 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 306 122
2014年 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2013年 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2012年 0- 2- 0- 9/11 0.0% 18.2% 18.2% 0 180
2011年 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 120 103
集計期間:2011. 1.10 ~ 2015. 4.11


ネオユニヴァース産駒が馬場改修後に2桁人気で2度の大穴を開けている

以下表は「ダービー卿CT2016登録馬の種牡馬が、中山芝1600m重賞に出走した時の成績」から馬場改修後のネオユニヴァース産駒の成績を抽出したものです。4機会で2度も2桁人気の馬が連帯していました。今回は同舞台の京成杯AHで大穴をあけて勝利したフラアンジェリコが登録しています。京成杯AH時より斤量+2kgがどうかですが、この馬自身中山芝1600mは好相性ですので色気を持って見てしまいます。

レース一覧・種牡馬:(複数)/種牡馬:ネオユニヴァース

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
160111 1中4 フェアリG3 11R 4 ダイワドレッサー 10 (17.8)
150913 4中2 オータムHG3 11R 12 フラアンジェリコ 13 6270
150411 3中5 ニュージG2 11R 2 ネオルミエール 5 (13.1)
150405 3中4 ダービーHG3 11R 5 フラアンジェリコ 13 10 (39.5)
集計期間:2011. 1.10 ~ 2016. 1.11


以上血統傾向を踏まえて期待したい馬は

マテンロウボス

この種牡馬の産駒は、先週中山芝で出走6機会中2着2回とまずまずの成績を残しており、引き続きコース相性の良さを示せていましたし、前走上3F上位馬であれば好走率もアップしていましたのでこの馬は面白いかなと思いました。問題は除外濃厚ということなのですが…

あと少し余談を。以下表は過去5年の中山芝1600m古馬重賞のラップタイム一覧なのですが、馬場改修前は2F~3F目に10秒台のラップを刻んでPCI3やRPCIが赤くなるハイペースになる事が多かったのですが、馬場改修後の3走は前半3Fよりも後半3Fが速くなる後傾ラップの決着にしかなっていません。これは馬場が変わったことを騎手が相当強く意識しているからではないかと推測しています。

nakaT16G.png

サンプルデータが少ないのでたまたまという見方も出来なくはないのですが、他距離のレースを見ていても中山芝コースは以前より緩む傾向が強くなった印象を受けています。あのスプリンターズSでさえ0.1秒だけですが後傾だったわけで、PCI3(上位3頭の平均ラップ)も過去10年で唯一後傾でした。それに馬場改修前はスプリンターズSではほぼ来ないとされていたサンデー系が上位5位を占めていましたし、馬場改修後の中山芝コースは今後も注意して見ていく必要がありそうです。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/328-e469feb6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード