Entries

中山牝馬S2016 血統分析 馬場改修後の傾向

中山芝1800m重賞、過去5年の血統データを参考に中山牝馬S2016で注目したい血統は…

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


にほんブログ村トラコミュ

中山牝馬S(2016)
中山牝馬ステークス2016
中山牝馬S データ分析


中山芝1800m重賞、過去5年の血統データ

参照した重賞(参照データ=111件)

・中山記念G2
・フラワーカップG3
・スプリングSG2
・中山牝馬SHG3
・ラジオNIKKEI賞HG3

※週中作成記事のため出走馬確定前の特別登録データを参照しています。

以下表は中山牝馬S2016登録馬の種牡馬が、中山芝1800m重賞に出走した時の成績です。

同コース・種牡馬:(複数)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ゼンノロブロイ 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5% 150 97
ハーツクライ 2- 0- 1- 8/11 18.2% 18.2% 27.3% 90 49
ディープインパクト 1- 5- 4-28/38 2.6% 15.8% 26.3% 12 48
フジキセキ 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2% 62 44
ステイゴールド 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 56 50
ホワイトマズル 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 240
ブライアンズタイム 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 185
ジャングルポケット 0- 1- 0-11/12 0.0% 8.3% 8.3% 0 17
マンハッタンカフェ 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 101
アグネスデジタル 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 170
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
フレンチデピュティ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
タヤスツヨシ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
集計期間:2011. 2.27 ~ 2016. 2.28
ソート:着別度数順

この表からはゼンノロブロイが優秀です。また、出走機会は少ないもののブライアンズタイム、ホワイトマズル、アグネスデジタルなど非サンデー系の好走も目立っています。

ただ、今回参照している血統データの馬場改修後の傾向は、データ数が少ないもののサンデー系が優勢でしたので、その流れを踏まえてどの血統に注目するか判断した方が良い気がします。

馬場改修後好走が目立つ「父×母父」の配合馬に注目→シュンドルボン

先週の弥生賞の血統分析記事でも書きましたが、馬場改修後の中山芝中距離では、今回注目した馬の母父の系統を持つ馬が大暴れしている印象が強く、中山記念で2着に好走したアンビシャスの母系にも入っていました。

また、この馬は1800mで連帯を外したことがなく、状態面も前走より上向きとのコメントもあり、面白い一頭ではないかなと見ています。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/297-fd8c73e3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

ブログランキング

アーカイブ

RSSフィード