Entries

3/12(土) 軸馬予想 単勝回収率150%を実現する馬券術

重要なお知らせ

2015/3/14から提供してきた軸馬予想ですが、土曜分も含めて有料とさせて頂くことにしました。

しばらく日曜有料版を続けてみて、日曜のみで500円というのはボリューム的に物足りないと感じたのと、ちょうど1年の区切りという事もあって有料とさせて頂きました。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


軸馬予想(有料版) 土曜日の結果

出馬表分析 2016年 3月12日

場所 レース名 馬名 オッズ 単勝 複勝
中山 500万下* 6 14 トモトモリバー 3 3.8 2   140
中山 500万下* 7 2 ラグルーラ 1 1.8 4    
中山 館山特別1000 9 3 トレクァルティスタ 2 2.9 3   120
中山 サンシH1600 10 10 ジュンスパーヒカル 2 4.7 11    
中山 アネモネ 11 1 メイショウタチマチ 1 2.6 6    
中山 500万下 12 1 アイリーグレイ 1 3.0 13    
中京 未勝利・牝 1 9 サウンドダンサー 2 5.0 6    
中京 未勝利 2 3 ミュークマサナリ 5 12.5 13    
中京 未勝利 3 9 カレンコマンドール 1 3.5 5    
中京 500万下 8 4 サトノフラム 1 3.9 3   190
中京 1000万下 9 1 スマートラファエル 1 2.8 10    
中京 フローラ500* 10 7 アストラエンブレム 1 1.3 1 130 100
中京 中日新聞HG3 11 5 サトノノブレス 1 5.6 1 560 200
阪神 未勝利・牝 1 8 ニホンピロヘーゼル 1 1.8 1 180 110
阪神 未勝利 3 9 ニシノラディアント 1 1.5 2   110
阪神 未勝利 4 6 $スペードクイーン 1 1.9 13    
阪神 500万下・牝 5 6 テイエムリヴィエラ 1 1.9 6    
阪神 500万下 6 5 ノースストーム 1 1.6 2   110
阪神 仁川S 11 1 ドコフクカゼ 2 2.3 2   110


価格

1週間分の軸馬予想記事を500円で販売します。

通常は(土)(日)を1週間分、金杯週や3日間開催は平日・翌月曜祝日なども含めて1週間分とします。


購入方法

note → ご購入はこちら

ご購入いただいたnoteに、1週間分の軸馬予想記事を随時追記していきます。

結果は月曜以降にブログで公開予定です。


単勝回収率アップフィルタ

単勝回収率アップフィルタとは、軸馬予想で単勝回収率150%を実現するため、各軸馬の出走条件に応じて適した絞り込みを行うものです。

単勝回収率アップフィルタは、毎週の有料記事にテンプレートとして全パターン公開します。

単勝回収率アップフィルタは現在、100パターンあり随時増加予定です。

軸馬予想を利用するにあたり単勝回収率アップフィルタは必要不可欠で、軸馬予想を購入頂いている方にはあらかじめ全て知って頂くべきだと思い至り、このような方法で公開することにしました。

なお、単勝回収率アップフィルタを利用するには、JRA-VAN DataLab.に加入していて、TARGET frontier JVを利用出来る環境が必要ですのでご注意下さい。

単勝回収率アップフィルタは、あくまでも管理人が推奨する一例です。独自の発想により、もっと効率よく軸馬予想を利用されているのであれば、必ずしも単勝回収率アップフィルタを利用する必要はありません。

軸馬予想という素材を利用して、まだ誰も知らないレシピを開発すれば、さらなる旨みを引き出せるかもしれません。


軸馬予想×単勝回収率アップフィルタ=単勝回収率約150%

毎週土日に提供している軸馬予想ですが、単勝回収率アップフィルタを適用すると、実績ベースで単勝回収率が約150%になります。

※2015年3月14日からブログで公開してきた軸馬予想のみで見ると、単勝回収率アップフィルタ適用後の単勝回収率は180%ですが、長期的に見ると150%前後に収束すると思われます。

単勝回収率150%という成績は、過去10年間で蓄積してきた約16000件の軸馬予想データを、単勝回収率アップフィルタで絞り込んだ4279件のデータ(以下画像参照)によるものです。(2016/2/21現在)

filter_total.png

year_total.png

馬券購入に関してはご自身の責任のもとで判断して頂きますよう、宜しくお願いします。

また、結果について一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

軸馬予想の取り組みについての具体的な考え方は、以下記事にまとめていますので是非ご覧下さい。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/296-8acf67da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード