スポンサーリンク

Entries

中日新聞杯2016 血統分析 非サンデー系の注目馬

中京芝2000m重賞、過去4年の血統データを参考に、中日新聞杯2016で注目したい血統は…

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


中京芝2000m重賞、過去4年の血統データ

参照した重賞

・金鯱賞G2
・中日新聞杯HG3
・愛知杯HG3

以下表は中日新聞杯2016登録馬の種牡馬が、中京芝2000m重賞に出走した時の成績です。

同コース・種牡馬:(複数)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 3- 6- 2-13/24 12.5% 37.5% 45.8% 177 164
シンボリクリスエス 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2% 198 50
キングカメハメハ 1- 2- 1-10/14 7.1% 21.4% 28.6% 29 74
ハーツクライ 1- 1- 2-10/14 7.1% 14.3% 28.6% 47 109
ステイゴールド 1- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 18.2% 66 63
ゼンノロブロイ 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0% 219 183
マンハッタンカフェ 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4% 0 47
タニノギムレット 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 46
ホワイトマズル 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
グラスワンダー 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ネオユニヴァース 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
チチカステナンゴ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
オペラハウス 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2016. 1.16
ソート:着別度数順

またしても、ディープインパクト産駒が最多の3勝、2着6回と一人勝ち状態でした。他産駒はどんぐりの背比べ状態で、これといって注目したい産駒はいませんでした。

定番になりつつありますが、まずはディープインパクト産駒を見ていきます。


ディープインパクト産駒

以下表は、今回抽出したデータから、明け2戦目以降だったディープインパクト産駒を参照した時の成績です。ディープインパクト産駒と言えば比較的フレッシュな状態の方が走るイメージでしたが、中京芝2000mのようなタフなコースとなると一叩きされて息の入りが良い方が理想という事でしょうか。

軸はディープインパクト産駒から探すのが無難といったような成績ですね。

レース一覧・種牡馬:(複数)/種牡馬:ディープインパクト/マークデータ

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
160116 1名1 愛知杯HG3 11R 15 リーサルウェポン 5 (13.8)
151205 4名1 金鯱賞G2 11R 1 ディサイファ 1 (3.7)
151205 4名1 金鯱賞G2 11R 2 サトノノブレス 4 (7.6)
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 1 ディサイファ 5 800
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 7 パッションダンス 7 (16.9)
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 5 ダノンジェラート 1 (4.6)
141220 4名5 愛知杯HG3 11R 2 キャトルフィーユ 2 (5.7)
141206 4名1 金鯱賞G2 11R 4 ラストインパクト 1 380
141206 4名1 金鯱賞G2 11R 12 サトノノブレス 4 (7.0)
141206 4名1 金鯱賞G2 11R 2 サクラアルディート 14 (101.1)
140315 2名1 中日新聞HG3 11R 17 マーティンボロ 10 3070
140315 2名1 中日新聞HG3 11R 6 ラキシス 3 (4.1)
131214 4名5 愛知杯HG3 11R 18 キャトルフィーユ 14 (49.8)
130309 2名1 中日新聞HG3 11R 3 パッションダンス 4 (8.2)
130309 2名1 中日新聞HG3 11R 11 ジョワドヴィーヴル 6 (9.0)
121215 3名5 愛知杯HG3 11R 14 ピクシープリンセス 1 (3.7)
121201 3名1 金鯱賞G2 11R 1 ダノンバラード 2 (4.7)
120304 1名2 中日新聞HG3 11R 17 ダノンバラード 1 (2.9)
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2016. 1.16

( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
( 16.7%/ 50.0%/ 61.1%) 236円 / 219円
( 16.7%/ 50.0%/ 61.1%) 236円 / 219円


もう一つのディープインパクト産駒の傾向を示していたのが以下表で、今回昇級戦のディープインパクト産駒の成績になります。人気薄からの好走を狙うならこちらですが、今年は該当馬がいませんでした。

レース一覧・種牡馬:(複数)/種牡馬:ディープインパクト/前走クラス:昇級戦

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
160116 1名1 愛知杯HG3 11R 15 リーサルウェポン 5 (13.8)
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 5 ダノンジェラート 1 (4.6)
140315 2名1 中日新聞HG3 11R 17 マーティンボロ 10 3070
131214 4名5 愛知杯HG3 11R 18 キャトルフィーユ 14 (49.8)
集計期間:2013.12.14 ~ 2016. 1.16


今回距離延長組の好走はサンデー系のみ

以下表は、今回抽出したデータから、距離延長組を参照したもので好走していたのはサンデー系のみでした。言い換えればサンデー系以外の種牡馬はキレよりも、スタミナ持久脚タイプの長距離経験を持つ馬を狙うのが良いという事でしょうか。

レース一覧・種牡馬:(複数)/前走距離:今回延長

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 1023 423
マンハッタンカフェ 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 72
ハーツクライ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 243
ステイゴールド 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 146
ゼンノロブロイ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 525
キングカメハメハ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
シンボリクリスエス 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
チチカステナンゴ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
タニノギムレット 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
グラスワンダー 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
オペラハウス 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2016. 1.16
ソート:着別度数順


非サンデー系

今回抽出したデータから、サンデー系以外を参照したところ、前走芝2000m以上の重賞で中団より前で進めていた、今回9番より外に入った馬が好走傾向でした。キレではサンデー系に一歩譲るため、内で溜めて抜け出しのタイミングを計るサンデー系っぽい騎乗よりも、スタミナを生かした早目の仕掛けをしやすい外枠がいいということでしょうか。

レース一覧・種牡馬:(複数)/マークデータ/マークデータ/前走クラス:重賞/マークデータ/マークデータ

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
151205 4名1 金鯱賞G2 11R 10 ミトラ 5 900
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 10 デウスウルト 2 (4.8)
150314 2名1 中日新聞HG3 11R 14 ミトラ 3 (6.6)
141220 4名5 愛知杯HG3 11R 13 ディアデラマドレ 1 410
141206 4名1 金鯱賞G2 11R 16 ラブリーデイ 6 (11.9)
140315 2名1 中日新聞HG3 11R 13 ラブリーデイ 4 (11.8)
131214 4名5 愛知杯HG3 11R 15 セキショウ 10 17 (28.3)
131130 4名1 金鯱賞G2 11R 13 ラブリーデイ 6 (9.4)
131130 4名1 金鯱賞G2 11R 12 トゥザグローリー 5 (8.9)
130309 2名1 中日新聞HG3 11R 13 サトノアポロ 5 890
121215 3名5 愛知杯HG3 11R 15 オールザットジャズ 2 (5.6)
集計期間:2012.12.15 ~ 2015.12. 5

( 勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
( 27.3%/ 45.5%/ 63.6%) 200円 / 156円
( 27.3%/ 45.5%/ 63.6%) 200円 / 156円


以上血統傾向を参考に注目する馬は→ヤマニンボワラクテ

この馬は中京が大得意で3着を外したことがありませんし、初重賞挑戦となった前走でも見せ場はあり、重賞でも通用するところを見せてくれていますので期待します。比較的自由にポジションを選びに行ける外枠が理想で、3番手くらいから早めに抜け出してスタミナを生かしてどこまで粘れるかといったような騎乗を見てみたいです。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/294-05e6217b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード