Entries

シルクロードS2016 独自指数データ 格付予想

2016年からコース傾向や展開予想などを取り入れ鋭意修行中の重賞予想ですが、格付予想をテコ入れすることで成績を大幅に改善出来そうだったので、今週から「枠順確定後の能力比較、コース傾向、展開予想」を休止します。

改めて感じましたが展開予想は本当に難しいです。またその難しさ程の見返りも感じられず、残念ですがやはり自分にはあっていないようですので、今後は得意分野であるデータ予想をもっと磨き上げて、長所を伸ばしていく方針に切り替えます。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク


にほんブログ村トラコミュ

シルクロードS(2016)
シルクロードステークス
シルクロードS データ分析


格付予想のテコ入れのヒントになったのは、芝コースは古馬重賞と比べて若駒重賞の配当妙味が薄かったというところです。

過去5年の芝重賞を参考にしたのですが、ほとんどの券種で若駒の方が妙味が薄かったです。特に3連複、3連単は平均配当にかなりの開きがあり、若駒重賞では買わない方が良いのではないかと思ったくらいです。単勝、馬連、ワイドは配当に大きな開きはなかったですが、それでも少しだけ古馬重賞の方が平均配当が高かったです。


G_haito.png

もちろん予想スタイルによって影響のない方もいると思いますが、若駒と古馬を意識せずに重賞予想をしている方は、芝コースの収支は若駒の方が成績が落ちているのではないでしょうか。もし良ければ、サイドバーにアンケートを設置しましたのでご協力お願いします。コメント欄に主な券種も残していただけるとありがたいです。特に3連系を中心に買われている方は成績に如実に表れていると思うのですがどうでしょうかね。

理由は、若駒はハンデ戦がほぼないのと、世代を跨がないため能力比較がしやすく、能力が人気に反映されやすいからではないかと考えています。

的中率のことも踏まえると、配当が安い=的中しやすいという事かもしれないので、配当の大きさだけで古馬重賞の方が儲かりやすいとは言い切れないですけど。


格付予想

それではシルクロードSのオリジナル格付予想です。※独自指数による能力比較

出馬表分析 2016年 1月31日

場所 レース名 馬名
京都 シルクロHG3 11 1 ダンスディレクター
京都 シルクロHG3 11 16 ビッグアーサー
京都 シルクロHG3 11 11 アースソニック
京都 シルクロHG3 11 15 ネロ
京都 シルクロHG3 11 5 サトノルパン


買い目

単 勝:ABCD
馬 連:SABCDボックス
ワイド:SAB→CD流し

※買い目はテンプレートです。該当馬がいない場合は購入しません。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/241-382b9a3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード