Entries

愛知杯2016 枠順 コースデータ 展開予想

愛知杯の枠順が確定しましたので、コース傾向を踏まえて展開を予想した時に、好走率が上がりそうな馬を探してみました。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


にほんブログ村トラコミュ

愛知杯(2016)
愛知杯2016
愛知杯 データ分析


中京芝2000m

スタート後すぐ100mほど急坂を上り、1~2コーナー、そして向正面中ごろまでなだらかな上り坂を進む。そこからは直線の急坂まで一気に下る起伏に富んだタフなコースレイアウト。

スタート後の急坂含め前半はずっと上り坂のため、必然的にスローペースになりやすく、愛知杯も例外なく過去3走ともスローペースとなっていた。

それでは今回はどのようなペースになりそうか、枠順なども確認しつつ展開を予想します。


枠順

出馬表・中京11R 愛知杯HG3

馬名 性齢 斤量 マイ順 替 騎手
1 1 リメインサイレント 牝6 53 6 *藤岡康太 9
1 2 ハピネスダンサー 牝5 53 9 小牧太 8
2 3 *ヴィルジニア 牝6 50 12 *鮫島克駿 4
2 4 バウンスシャッセ 牝5 55.5 3 *田辺裕信 31
3 5 クインズミラーグロ 牝4 53 14 吉田豊 13
3 6 グレイスフラワー 牝7 52 1 *勝浦正樹 4
4 7 アースライズ 牝4 53 11 川須栄彦 3
4 8 フェリーチェレガロ 牝6 52 18 和田竜二 9
5 9 アルマディヴァン 牝6 54 10 *幸英明 4
B5 10 メイショウスザンナ 牝7 55 7 *吉田隼人 4
6 11 マキシマムドパリ 牝4 53 2 *F.ヴェロ 8
6 12 フレイムコード 牝7 53 17 菱田裕二 9
7 13 マコトブリジャール 牝6 53 8 *秋山真一 5
7 14 レイヌドネージュ 牝6 53 4 石川裕紀 5
7 15 リーサルウェポン 牝5 50 5 *川島信二 5
8 16 シュンドルボン 牝5 54 16 *大野拓弥 9
8 17 タガノエトワール 牝5 54 13 川田将雅 5
B8 18 オツウ 牝6 53 15 *松山弘平 4

※間=間隔。マイ順=マイニング指数順位。


前がそこそこ手薄でスローペース濃厚と想定

各馬の過去5走の脚質を確認したところ、芝コースで逃げの経験があったのはハピネスダンサー、オツウの2頭で、いづれも過去5走で1回しか逃げておらず、どうしても行きたいタイプではなさそうだった。

大外なので微妙なところですが、オツウは過去キャリアで4回の逃げ経験があり、先行タイプだったのでこちらが逃げてハピネスダンサーはそれを見る形で先行集団の一角か、オツウが行ききれなければハピネスダンサーが主導権を握るといった感じでしょうか。

もしオツウが積極的にポジションを取りに行くとなると、ずっと上り坂の前半で少なからず脚を使ってしまうでしょうから、オツウにとってはかなり厳しい枠を引いてしまったという印象です。まぁ無理していかなければ気にする必要はないですが。

スローペースを先行して押し切りそうな馬→マキシマムドパリ

これはもうひねりようがなかったです。ハピネスダンサーとの2択でしたが、能力を考えると仕方ないといった感じで。

内枠が有利とかそういう傾向が出てるなら、ハピネスダンサーの選択肢もあったのですが、開催時期が変わって初めてなので当日にならないと馬場傾向は分かりませんし、能力のある馬が向く条件で走れそうなら無理に逆らう必要はないでしょう。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/222-dd5e0582

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード