スポンサーリンク

Entries

朝日杯フューチュリティS2015 前走分析 簡易予想

朝日杯フューチュリティSは昨年、舞台を中山芝1600から阪神芝1600外に移して行われるようになったため、傾向データがなかったので今回は各馬の前走について見ていきます。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


にほんブログ村トラコミュ

朝日杯FS(2015)
朝日杯フューチュリティステークス2015
朝日杯FS データ分析


昨年同舞台で行われた朝日杯FSのレース映像をおさらい

稍重馬場を加味すると多少前が速い締まった流れ。1400m以下からの参戦も多く(6頭)見られ、スローにはなりにくそうなメンバー構成でした。

今年も芝1400m以下から7頭が合流しますので(絶対スローにならないとは言い切れないが)平均やや速めくらいのペースが想定されます。

以上想定される展開面から好走が予想されるタイプは、中団付近に構え脚を溜めることが出来て、ある程度速い上がりを使えるような馬でしょうか。

続いては上記を踏まえて、各馬の前走レース内容を確認してみましょう。


京王杯組

・ボールライトニング
・アドマイヤモラール
・シャドウアプローチ
・サイモンゼーレ

先に述べたように締まった流れになりそうな朝日杯FSより、1F短い距離でスローペースの前残り決着だった京王杯組は、求められる適正が違ってきそうで、朝日杯FSに直結するようなイメージが持てませんでした。

レース映像を見ても特に注目したいと感じる馬はいませんでした。


サウジアラビアロイヤルカップ組

・イモータル
・ハレルヤボーイ

イモータルは新馬戦で段階的に加速していく姿を見て、ギアが多く大人びていると解釈しましたが、裏を返せば瞬時の加速力には不安があるのかなと、サウジアラビアロイヤルカップを見て感じました。

もちろん勝てるチャンスも十分感じる馬ですが、本来は距離を伸ばした方が良いタイプで、クラシック路線で勝負した方が良い気がします。

ハレルヤボーイはイモータルとの勝負付けは済んでいる印象で、よほどの成長力がなければ逆転は厳しいかなぁ。


デイリー杯2歳S組

・エアスピネル
・シュウジ

エアスピネルはデイリー杯2歳Sで、外回りコースのコーナーで外々を回すロスをしっかりと受け止めた上で、直線ではムチ一発でグイグイ加速してシュウジを並ぶ間もなく交わし、最後流していた姿は鳥肌ものの内容でした。

キャリア2戦で小倉2歳S1着のシュウジが相手だったというところが、実績的に不安点ではありますが、スローでも折り合い面に不安は感じませんでしたし、締まった流れで脚を溜めて直線伸びるというイメージが一番ピッタリくる馬です。まぁ1番人気なんでしょうけど。

シュウジも悪くないのですが、スタート後の行きたい感じの醸し出し方を見ていると、阪神芝1600外は長い印象です。スローに落とせれば可能性はあるでしょうけど、メンバー構成を見てもスローにはなりにくいと思うので紐の一角までです。


新馬組

・リオンディーズ

スローペースを終始持っていかれるような手応えで、なんとか好位で進める。かなり折り合いを欠いていたように見えましたが、直線は鞍上の大きなアクションに応える圧巻の伸びを見せた。キャリアは浅いですが未知の魅力があります。


番外編

ユウチェンジ

この馬は2走前のレース内容が気になった馬です。小頭数でしたが締まった流れで、外回りコースのコーナーで外を回すロスがありながら、しぶとく3着を確保していました。

今回の朝日杯FSで想定される流れを、1F長い距離で経験していたのは強みになりそう。人気もあまりしないと思うので穴馬として注目しておきます。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/186-c3fb3964

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード