Entries

軸馬予想で単勝回収率100%超えを実現する方法

ここでは2015/3/14から軸馬予想カテゴリで公開してきた軸馬を利用して、単勝回収率100%超えを目標にどのように取り組んできたのかをまとめました。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


人気以上に走る馬を見極める

最初は馬選びから始めました。人気以上に走る馬とは年間の人気別成績よりも来る確率が高い馬のことで、以下2つの表を見て頂ければイメージがつかみやすいです。

1つ目の表は2015年のレースに出走した全馬の人気別成績で、毎年だいたい同じくらいの勝率・連帯率・複勝率に収束しています。

2つ目の表は当ブログの軸馬予想で公開してきた全馬の人気別成績です。

レース検索

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 985- 642- 409- 1227/ 3263 30.2% 49.9% 62.4%
2番人気 609- 589- 446- 1619/ 3263 18.7% 36.7% 50.4%
3番人気 436- 429- 431- 1967/ 3263 13.4% 26.5% 39.7%
4番人気 330- 378- 400- 2155/ 3263 10.1% 21.7% 34.0%
5番人気 257- 294- 330- 2383/ 3264 7.9% 16.9% 27.0%
6番人気 168- 249- 291- 2552/ 3260 5.2% 12.8% 21.7%
7番人気 135- 174- 219- 2730/ 3258 4.1% 9.5% 16.2%
8番人気 104- 126- 187- 2822/ 3239 3.2% 7.1% 12.9%
9番人気 71- 130- 146- 2841/ 3188 2.2% 6.3% 10.9%
10番人気 58- 70- 121- 2845/ 3094 1.9% 4.1% 8.0%
11番人気 52- 64- 93- 2757/ 2966 1.8% 3.9% 7.0%
12番人気 28- 47- 71- 2634/ 2780 1.0% 2.7% 5.3%
13番人気 15- 35- 46- 2421/ 2517 0.6% 2.0% 3.8%
14番人気 5- 24- 32- 2183/ 2244 0.2% 1.3% 2.7%
15番人気 13- 13- 26- 1866/ 1918 0.7% 1.4% 2.7%
16番人気 0- 3- 10- 1501/ 1514 0.0% 0.2% 0.9%
17番人気 0- 1- 0- 355/ 356 0.0% 0.3% 0.3%
18番人気 0- 1- 5- 273/ 279 0.0% 0.4% 2.2%

レース検索

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 275- 133- 82- 181/ 671 41.0% 60.8% 73.0%
2番人気 72- 59- 35- 97/ 263 27.4% 49.8% 63.1%
3番人気 27- 16- 19- 58/ 120 22.5% 35.8% 51.7%
4番人気 14- 7- 7- 46/ 74 18.9% 28.4% 37.8%
5番人気 6- 1- 7- 19/ 33 18.2% 21.2% 42.4%
6番人気 3- 1- 4- 19/ 27 11.1% 14.8% 29.6%
7番人気 1- 1- 2- 14/ 18 5.6% 11.1% 22.2%
8番人気 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
9番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
11番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 0/ 0      
14番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

2つ目の表で最もデータ量の多い1人気の成績を見て頂ければわかりやすいのですが、勝率・連帯率・複勝率全てが、1つ目の表よりも約10%高い水準であることが分かります。人気以上に走る馬を見極めるというのは、年間の人気別成績の水準より高い成績を残す馬を探し出すということです。

これが軸馬予想の一番の肝であり、的中精度を高めるという最も難しいステップです。


旨みフィルタを考える

簡単な例としてあげられるのは、以下単勝オッズ別集計です。

レース検索

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1.0~ 1.4 33- 9- 4- 4/ 50 66.0% 84.0% 92.0% 85 97
1.5~ 1.9 104- 36- 26- 27/193 53.9% 72.5% 86.0% 91 94
2.0~ 2.9 111- 65- 37- 96/309 35.9% 57.0% 68.9% 87 87
3.0~ 3.9 56- 49- 35- 79/219 25.6% 47.9% 63.9% 87 95
4.0~ 4.9 47- 27- 16- 58/148 31.8% 50.0% 60.8% 138 103
5.0~ 6.9 29- 24- 17- 80/150 19.3% 35.3% 46.7% 113 88
7.0~ 9.9 12- 4- 14- 54/ 84 14.3% 19.0% 35.7% 114 97
10.0~14.9 5- 4- 4- 22/ 35 14.3% 25.7% 37.1% 188 130
15.0~19.9 0- 1- 3- 9/ 13 0.0% 7.7% 30.8% 0 150
20.0~29.9 1- 0- 2- 9/ 12 8.3% 8.3% 25.0% 169 136
30.0~49.9 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 98
50.0~99.9 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 4300 1270
100.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
データ無し 0- 0- 0- 0/ 0          
指 4.0~9999.9 95- 60- 57-240/452 21.0% 34.3% 46.9% 142 106

上記表は軸馬予想でこれまでに公開してきた全馬の単勝オッズ別成績です。最下行にオッズ指定で回収率を出していますが、単勝4倍以上に絞るだけでも、単勝回収率142%、複勝回収率106%とベタ買いと比べて大きく回収効率を上げることが出来ています。

単純に単勝オッズによるフィルタだけでも構わないのですが、そこまでで終わってしまうともったいないです。例えば単勝オッズフィルタで見ると赤字収支になっている、2~2.9倍の配当帯に注目して以下フィルタをかけてみましょう。

・単勝オッズ2.0~2.9倍
・ランク=S(軸馬予想ではSABC4つのランクで評価をつけている)
芝コース
・体重比 12.0%以下
・前走上3F順位5位以内
・前走脚質=中団より前

レース一覧・印5:S/馬場状態:芝/単勝オッズ:2.0~ 2.9/マークデータ/前走脚質:指 1~ 5位

日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
151123 5東7 未勝利* 3R 14 ディーマジェスティ 1 260
151010 4京1 未勝利* 2R 3 ゼンノタヂカラオ 2 (2.5)
150912 4中1 未勝利* 2R 8 タンサンドール 2 (2.6)
150822 2新7 未勝利・牝* 1R 11 ビービーバーレル 1 290
150816 2小6 筑後川特500 9R 3 ブラックバード 2 (2.7)
150809 1札4 未勝利* 1R 2 スターオブペルシャ 1 290
150802 2新2 未勝利* 1R 14 ブレイブスマッシュ 2 (2.6)
150802 1札2 500万下 7R 5 ネオリアリズム 2 280
150725 3名7 未勝利 7R 3 オールマイアイ 1 15 (2.6)
150419 3中8 春興S1600 12R 9 サトノアラジン 1 200
150405 3中4 未勝利・牝 5R 1 ゴールデンハープ 2 270

レース一覧・印5:S/馬場状態:芝/単勝オッズ:2.0~ 2.9/マークデータ/前走脚質:指 1~ 5位

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2.0~ 2.9 6- 2- 1- 2/11 54.5% 72.7% 81.8% 144 97

データ数はかなり絞られますが、単勝的中率が5割超えで、単勝回収率も144%まで改善されました。

勝率5割超えならオッズが2倍以上つけば回収率が100%を超えるのは当然ですから、5割超えの勝率と2倍以上の配当帯のバランスをキープ出来れば理論上は負けないということです。

あとは、今後さらにデータを蓄積した時に、勝率5割超えの馬質を維持出来るかどうかがポイントです。

ちなみに2015/3/14以前の過去9年の実績でもほぼ同等の回収率が出せていますので上記フィルタは完成形として利用可能とみていいでしょう。

といったように、どんなに安い配当帯であっても、買っていいのか悪いのかという基準をしっかりと見定める事が出来れば、儲けることは可能ということです。

ただ、この配当帯で勝負するには相当な資金力が必要ですので、実践するには非現実的かもしれませんが。それでも5割超えの勝率で単勝としても旨みのある軸馬なので、馬単や3連単の1着固定など点数を絞って勝負といった利用方法はありでしょう。

上記のような旨みフィルタは、事細かくパターンを分けて組み立て、現在約90個になりました。ここでは公開できませんが、想定ではまだまだ増える予定で今の倍くらいになるでしょう。

もちろんすべてのフィルタが利用価値のあるものか分かってない部分もあるのですが、そこは随時検証して精度アップに努めるのみです。


軸馬予想で回収率100%超えを実現する方法

その答えは「上質な馬を選び好走率を上げ、配当妙味を考慮したフィルタをかける」ということになるのですが、それは結局のところ「地道な努力の積み重ね」しかないということです。

ここまで読んでいただいた方には、ありきたりすぎて、さぞ、びっくりぽんな結論だったでしょうけど、本当にこれにつきますので仕方ないんですよね。

もちろん答えに至るまでには基礎知識や想像力、発想力などさまざまな力が必要になりますが、それというのも地道な努力の積み重ねの中で生まれてくるものです。

イメージでいうとパズルでしょうか。どうしてもひとつピースが埋まらない状況。あきらめずにピースを探し続けます。その時には必要でなかったピースもたくさん確認します。そこ(地道な努力)なんです大事なの。その時必要でなかったとしても、埋まらなかったピースが埋まった瞬間、記憶していた他のピースが一気に埋まっていくような感じ。結局努力は無駄にはならない。むしろ大きく悩めば悩むほど関係する知識が蓄積されるはずなんです。

ちょっと大げさになってしまいましたが(笑)

大事なことなので2回言いますが「地道な努力の積み重ね」は絶対に裏切りません。

諦めずに続ければ、いつか実るはずです。

※ここで書いたことは個人の感想であり個人差があります。予めご了承ください。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/179-9ba9f30d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード