スポンサーリンク

Entries

マイルCS2015 データ 狙い目は内のディープインパクト産駒

マイルCS5回目の考察です。例によって過去10走のデータを参照しています。

関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 


にほんブログ村トラコミュ

◆マイルチャンピオンシップ(2015)
◆マイルチャンピオンシップ2015
◆マイルチャンピオンシップ


色々気になるデータをチェックしていたら、いつのまにかマイルCSだけで5回も更新してしまいました(笑)


イスラボニータの3着率が12.5%しかなかったデータ

・京都芝外回り経験がなかった馬
・今回が初の関西遠征だった関東馬

レース一覧・本レースより前の全レース・前走成績一覧・本レースより前の全レース・前走成績一覧
日付 開催 レース名 馬番 馬名S 人気 着順 単勝配当
141123 5京6 マイルチG1 11R 10 ロゴタイプ 5 (13.4)
121118 5京6 マイルチG1 11R 11 ファイナルフォーム 3 12 (6.9)
091122 5京6 マイルチG1 11R 16 サンカルロ 15 12 (43.9)
091122 5京6 マイルチG1 11R 14 ストロングガルーダ 11 14 (33.3)
081123 5京5 マイルチG1 11R 6 ショウナンアルバ 9 12 (26.4)
081123 5京5 マイルチG1 11R 13 サイレントプライド 6 14 (16.5)
071118 5京6 マイルチG1 11R 4 マイネルシーガル 10 10 (31.6)
051120 5京6 マイルチG1 11R 12 ダイワメジャー 4 (13.0)

本記事の前にイスラボニータが100%連帯するデータを、2パターンも取り上げていたのですが、その時にイスラボニータの馬柱を見ていて京都経験どころか関西遠征経験さえなかったことに気が付き、裏のパターンもありそうだなぁと思って調べてみたのですが、光と闇は表裏一体とはよく言ったものです。

間隔が4週以下だった馬に絞ると、6機会中で馬券内率が0%でしたので、100%連帯データと馬券内率0%データの両方を併せ持つ馬という事になります。

1人気であることを考えると軸にはし辛いデータを見つけてしまったという感じです。


先週までの流れからもやっぱりディープの庭はディープから入るべきか

という訳で、京都芝外回り重賞のディープインパクト産駒の実績を、馬番別成績で確認したところ興味深いデータを見つけました。以下表は上から順に京都芝外回り全重賞と、京都芝外回りマイル重賞の全ディープインパクト産駒の成績です。

レース一覧・種牡馬:ディープインパクト
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着
1番 4- 3- 1- 5/13 30.8% 53.8% 61.5% 123 146 179.5 3.8着
2番 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0% 418 182 202.1 2.4着
3番 1- 4- 0- 7/12 8.3% 41.7% 41.7% 36 110 56.2 5.1着
4番 2- 1- 2- 7/12 16.7% 25.0% 41.7% 91 100 117.4 5.0着
5番 2- 2- 2- 6/12 16.7% 33.3% 50.0% 50 80 84.0 5.0着
6番 1- 1- 3- 7/12 8.3% 16.7% 41.7% 42 85 48.9 5.6着
7番 2- 2- 1- 6/11 18.2% 36.4% 45.5% 83 72 110.2 5.1着
8番 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3% 0 29 0.0 6.3着
9番 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 21 12 59.0 8.9着
10番 0- 2- 0- 7/ 9 0.0% 22.2% 22.2% 0 45 0.0 6.0着
11番 3- 2- 1- 7/13 23.1% 38.5% 46.2% 180 103 198.1 6.5着
12番 3- 1- 2- 4/10 30.0% 40.0% 60.0% 349 129 131.3 4.1着
13番 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0% 0 40 0.0 7.5着
14番 1- 2- 0- 8/11 9.1% 27.3% 27.3% 38 52 42.8 6.6着
15番 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 80 0.0 9.0着
16番 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 10.1着
17番 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 66 0.0 9.2着
18番 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 265 0.0 6.0着

レース一覧・種牡馬:ディープインパクト/距離:1600m
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着
1番 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 120 126 165.7 3.7着
2番 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1010 340 1010.0 1.0着
3番 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 110 152 145.8 3.3着
4番 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 160 177 260.8 6.0着
5番 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 117 75 122.6 4.3着
6番 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 60 0.0 5.0着
7番 1- 2- 1- 2/ 6 16.7% 50.0% 66.7% 66 108 74.6 3.7着
8番 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 66 0.0 4.3着
9番 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 7.0着
10番 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 4.7着
11番 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 13.0着
12番 2- 0- 2- 1/ 5 40.0% 40.0% 80.0% 394 170 132.3 2.6着
13番 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 70 0.0 3.5着
14番 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 140 56 141.3 8.0着
15番 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 13.0着
16番 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 11.3着
17番 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 330 0.0 3.0着
18番 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 10.0着

どう見えますか?そうです。1~2番の成績が突き抜けているのです。これはたまたまではなく、恐らく京都芝外回りコースの直線でばらけて内にスペースが空くという特徴と、溜めを効かせてキレを武器にするディープインパクト産駒の特徴が見事にマッチした結果であり、さらに距離ロスのない内枠がスタミナ不安を解消し好走率が上がっている理由であると推測します。

となると俄然気になり始めるのはヴァンセンヌです。競馬道調教マスターのデータによると過去7走で7勝をあげていたのが、栗坂で一杯に追われていた馬らしく、これも見事にヴァンセンヌと符合するんですよね。

今週からCコース替わりで内伸び馬場に見えましたし、今まで流れが悪かった分、すべての流れがヴァンセンヌに向いてきたのかも。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/155-aae1e1d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード