スポンサーリンク

Entries

予想スタイルと馬券成績について

ブログ「投資競馬123」へようこそ!管理人のイチニノサンタロウです。

私は、"やっぱり武豊"世代です。レースが終わるたびに「やっぱり武豊か…」とボソってました。

初めのうちはGI週にWINSに通う程度でしたが、京都競馬場まで車で30分くらいだったこともあり、いつしか毎週京都競馬場へ行くようになっていました(^^;

そんな中、最初に惚れ込んだ馬がシルクジャスティスで京都4歳特別を現地で見てたのですが、あの追込みはしびれるものがありましたね。

今となっては儲けるための在宅競馬が中心になってしまいましたが、これはこれで何とも言えないゲーム性があり楽しくやっています。

関連記事

実践投資競馬#重賞編 通算回収率190% 11月創刊から3ヶ月連続プラス(2/5終了時点)

レジまぐで以下メルマガを配信しています。たった3カ月の実績データではまだまだ信頼に値するものではないかと思いますが、ひとまずの目安としてご覧頂くとともに今後の成績にも注目して頂ければ幸いです。

継続特典メルマガの(2)無料で見れる優良かもしれない情報教えます!シリーズを読破するだけでも十分元を取れるのではないかと考えていますので、もし購読をお考えの方は2ヶ月継続特典を読むところまでは継続することをお勧めします。




馬券成績 2015年~2016年上半期

馬券回収率2016

馬券回収率2015

それでは、上記馬券成績を残している、管理人の予想スタイルとブログやメルマガウマニティなどで公開している馬券戦略を紹介していきます。


管理人の予想スタイル

とにかく色々試しましたが、自分に一番合っていたのはデータ予想で、今はそこを軸にしています。

そして、そのデータ予想をどのように馬券に落とし込むかという買い方の部分(的中率を試算してその的中率で買い続けて儲かるかどうかをチェックする独自の方法)も重要視しています。比重としては馬選びと買い方が五分五分といったところでしょうか。

データ予想と言っても色々ありまして、TARGETなどで万人が見れるビッグデータをただ利用するだけでは予想の方向性が多数の予想者と同じになりやすく儲けるのが難しいので、TARGETでは独自データの登録や加工をしてオンリーワンに近いスモールデータを作ることで、高精度な少数派の予想が出来るよう日々努力しています。

どの予想ファクターを重視するかというのは永遠のテーマのようなものですが、どれが良い!といった答えは恐らくなくて、プレイヤーそれぞれの性格によって得意分野を極めていけば、自ずとそれぞれの正解に辿り着くのかなと考えています。

ただ、今は少し考えを改めました。重賞予想をしないとなかなかブログを見てもらえない事に気付き重賞予想を始めたのですが、そこでも結果を出すためにはデータ以外のファクターが必要になり少しづつ勉強するようになりました。

以上のように基本はデータ特化型予想ですが、予想するレースによっては最適と思われる予想ファクターも採用しつつ回収精度の向上に努めています。現状のスタイルはこのような感じです。


重賞予想

投資競馬123@イチニノサンタロウの重賞予想(無料メルマガ)で、毎週無料配信しています。

管理人が実際に購入している重賞の買い目をそのまま掲載しています。以下が現在の成績です。

単勝回収率=136.3%
馬連回収率=132.3%
[期間:2016/4/3~2016/8/14]

以下フォームから購読出来ますので、まずはご一読頂ければ幸いです。




軸馬予想

123TAROのnoteで毎週有料配信中です。本命寄りの予想で競馬開催終了後に無料公開しています。

初めは、旧ブログ「投資競馬への道」で2015/3/14から無料公開していましたが、以下好成績を収める事が出来たのを機に、2016/1/27から有料配信させて頂くことにしました。

以下画像は、単勝回収率アップフィルタ(軸馬予想の軸馬を単勝回収率約150%まで押し上げるフィルタ)該当馬の年別成績です。

※単勝回収率アップフィルタについて詳しくは、ブログの限定公開記事「軸馬予想 馬券戦略 運用マニュアル(1)」で紹介しています。限定公開記事を参照するパスワードは適時、123TAROのnoteに記載します。※人数を制限しておきたいため不定期公開とさせて頂いています。

[期間:2015/03/14~2016/08/07] ※ブログ公開時から現在までのデータ参照
過去1年7ヶ月の年別成績

[期間:2006/01/01~2016/08/07] ※ブログ公開前を含む現在までのデータ参照
過去10年7ヶ月の年別成績

最近では読者の方に「回収率をアップさせるには的中率はある程度犠牲にしないといけないと考えていたので人気サイドでも高い回収率出せることに驚きました。」という私にとってはこれ以上ないようなお言葉を頂き、本当にブログやnoteを続けてきて良かったぁと思いました。

これからも「人気サイドでも回収率を出せる軸馬予想」を提供出来るよう、精進して参りますのでご贔屓にして頂ければ幸いです。


穴馬ピックアップ

ウマニティの予想コロシアムで随時公開中です。人気薄の馬を取り上げています。

過去10年7ヶ月で以下のような成績を残していた穴馬パターンに該当する馬をピックアップします。

穴馬ピックアップ成績
(期間:2006年1月1日~2016年8月14日)

穴馬ピックアップ年別成績

穴馬の性質上、的中精度が極端に落ちるため、過去約10年で単勝回収率100%を超えなかった年が、まだ途中の2016年も含めれば3回ありました。

それくらいムラが大きくなっていますので取り扱いには注意が必要です。

また、出現率が月平均で30頭と少ない上に、1時間前に人気などをチェックするため更新タイミングが不定期なので、以下のように設定をして自動でメールを受け取れるようにする事をお勧めします。

穴馬ピックアップは「ウマニティの無料会員登録を済ませて123タロウを注目予想家に登録」して頂ければ無料で見ることが出来ます。

ウマニティ無料会員登録後、「マイページ」の「設定変更」から「メール設定の変更」を選び、最下行にある「注目予想お知らせメール」を受信するにチェックしておけば、穴馬ピックアップ公開時にメールを受信出来るようになります。

あと、ウマニティのシステム上、◎印の登録が必須だったため、穴馬の△印を登録時点の1人気を◎印に設定しています。この◎印は穴馬ではなく△印が穴馬ですのでご注意下さい。

活用方法としては、ご自身の軸から流すヒモの1点に加えてみるといったような使い方がシンプルで良いかも知れません。過去10年7ヶ月の単・複の回収値が示すように的中率は低いながらも旨みは持った馬たちですので、長い目で見れば少しはみなさんの馬券成績向上に貢献出来るのではないかと思っています(^^)

ウマニティ予想コロシアム、123タロウのページへは以下バナーからどうぞ!
移動先の画面で「注目予想家に登録」ボタンがありますのでクリックをお忘れなく!




あとがき

それでは、あとがきとして最後に一言、言わせて頂きます。私はまだ競馬で勝てていません!

いやいや、そんな威張って言う事ではないのですが(^^;

あたかも勝ち組であるかのような、馬券成績などを公開しておいてなんですが、馬券キャリア全トータルで見るとまだまだ大赤字なんです。

ですが転機は突然訪れました。それは2013年9月、いつものように愚直に馬券で勝つ方法を検証していた時の事です。脳天から電流が流れるような感覚とともに、馬券の組み立て方に関するアイデアが舞い降りてきたのです。

このアイデアは、気づいてしまえば当たり前体操よりも当たり前のことでした。気づくとか気づかない以前に、そんなところ一々見ないという箇所で、当たり前だからこそスルーされているような盲点でした。

そのアイデアを得たことをきっかけに、JRA銀行に対し「倍返しだ!」と攻勢に転じ、その軌跡を残そうとブログを始めました。

とは言え、これまで散々JRA銀行にはやられまくってきたので、2013年9月以降ずっとプラス収支を継続している今の取り組みで、このまま成功を収め続けられるという確信はあるものの、未だにこれは一時的な幻でいつか崩れる方程式なんじゃないのかと怯えたりもしています(^^;

まぁ、この先どちらに転ぶにせよ、今のところはうまくいってるわけですし、手応えもすごく感じているので「己の心が作り出す不安という幻に惑わされないよう、予想や結果回顧などに集中し良質の答えを探し続ける」ことを強く意識してブレずに進んで行こうと思います。

そして、それが皆さんの馬券成績向上の手助けになるよう、より一層の努力を積み重ねていく所存ですので、末永くお付き合い頂ければ幸いです(^^)


注意事項

ここまでに紹介してきた事柄は、こうやったら過去約10年で儲かっているのでこれからも儲かるかも知れませんというもので、決して将来の成功を約束するものではありません。実践してみようと思われた方は以下の決まり文句を重々ご承知おきの上でお試し下さい。

馬券購入に関してはご自身の責任のもとで判断して頂きますよう、宜しくお願いします。

また、結果について一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

最終更新日:2016/8/18



スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/15-a95f75d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

相互RSS

RSSフィード