Entries

アルゼンチン共和国杯2015 データ予想 外枠不利な傾向

アルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)、過去10走のデータ傾向から好走が予想される馬は…


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

スポンサーリンク

にほんブログ村トラコミュ

◆アルゼンチン共和国杯(2015)
◆アルゼンチン共和国杯2015
◆アルゼンチン共和国杯 データ分析


第53回アルゼンチン共和国杯 出走予定馬一覧

仮想出馬表・東京11R アルゼンHG2

馬名 性齢 斤量
アルバート 牡4 53
ゴールドアクター 牡4 56
サイモントルナーレ 牡9 49
サクラレグナム 牡6 55
サトノノブレス 牡5 58
スーパームーン 牡6 55
スズカデヴィアス 牡4 56
ニシノビークイック 牡6 53
ニューダイナスティ 牡6 55
ニンジャ 牡6 53
ヒラボクディープ 牡5 57
フラガラッハ 牡8 57
プランスペスカ 牡5 53
プロモントーリオ 牡5 55
マイネルジェイド 牡5 52
マイネルフロスト 牡4 57
マイネルメダリスト 牡7 56
マリアライト 牝4 53
メイショウカドマツ 牡6 55
ラブイズブーシェ 牡6 57
レーヴミストラル 牡3 55
レコンダイト 牡5 55
ロサギガンティア 牡4 57
ロンギングダンサー 牡6 53
ヴァーゲンザイル セ7 54

フルゲート18頭に25頭が登録しています。


除外濃厚だけど出てきたら面白そうだった超大穴の刺客

その馬の名は『ニンジャ』です。

東京成績はイマイチでしたが、その東京実績の中では自身のキャリアで最長距離を走った時が一番いい成績で、後の天皇賞馬から0.6秒差とそれほど離されておらず、意外と距離が伸びた方がいいんじゃないかという一面もありました。

血統的にもここで好成績を残していた父を持っていましたので、出走表で名前を見た時に、大きな条件変わりでどんな走りをするのか見てみたいという気持ちが強かったですが、残念ながら除外は濃厚ですね。


前走オクトーバーS出走のロベルト系は2戦1勝、2着1回

今年はゴールドアクターが、オクトーバーSから参戦するロベルト系で、好走が期待されます。

ゴールドアクターの父スクリーンヒーローはグラスワンダーの産駒で、そのグラスワンダー系の成績は、アルゼンチン共和国杯過去10走で6機会中、1勝、2着1回、3着1回の複勝率5割と優秀です。ロベルト系の中でもこことの相性が一番いい系統ですので、人気でも逆らえないのではないでしょうか。


外枠不振の傾向

レース検索

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着
1枠 2- 0- 1-15/18 11.1% 11.1% 16.7% 57 51 187.5 9.9着
2枠 2- 1- 2-14/19 10.5% 15.8% 26.3% 72 82 134.9 7.7着
3枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0% 144 76 159.0 7.7着
4枠 0- 3- 3-14/20 0.0% 15.0% 30.0% 0 133 0.0 7.0着
5枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0% 25 39 48.4 9.5着
6枠 3- 1- 1-15/20 15.0% 20.0% 25.0% 115 57 174.7 7.6着
7枠 0- 1- 1-25/27 0.0% 3.7% 7.4% 0 35 0.0 11.4着
8枠 0- 1- 0-26/27 0.0% 3.7% 3.7% 0 9 0.0 10.7着

過去10走の成績を見ると、7~8枠の成績が不振で複勝率が1桁しかありませんでした。

平均着順も7枠が11.4着、8枠が10.7着と2桁なのに対して、他の枠の平均着順は1桁でしたので割り引いて見た方が良さそうです。もちろんゴールドアクターのような、いかにもこのレースと相性が良さそうな馬が入れば、紐として一応のケアはした方が良いとは思いますが、外枠に入った馬を軸にするのは得策ではないかもしれません。




スポンサーリンク

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/124-f1720c18

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

twitter

主にブログの更新情報や週末競馬のひとり言をつぶやきます。

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード