Entries

京王杯2歳S2015 データ予想 内の先行馬が有利な傾向

京王杯2歳S(東京芝1400m)、過去10走のデータ傾向から好走が予想される馬は…


関連記事

ブログ更新のモチベーションにつながります。ワンクリックお願いします(^^)

 

にほんブログ村トラコミュ

◆京王杯2歳S(2015)
◆京王杯2歳ステークス2015
◆京王杯2歳S データ分析


第51回京王杯2歳S 出走予定馬一覧

仮想出馬表・東京11R 京王杯2G2

馬名 性齢 斤量
アドマイヤモラール 牡2 55
アンナトルテ 牝2 54
オデュッセウス 牡2 55
$キングライオン 牡2 55
コマノドリーム 牝2 54
サイモンゼーレ 牡2 55
シャドウアプローチ 牡2 55
トウショウドラフタ 牡2 55
トップライセンス 牝2 54
ヒルダ 牝2 54
フジマサアクトレス 牝2 54
フリームーヴメント 牡2 55
フレンチイデアル 牡2 55
ボーダレス 牝2 54
ボールライトニング 牡2 55
マザックヤース 牝2 54
メイプルキング 牡2 55
モーゼス 牡2 55
レッドカーペット 牡2 55
レッドラウダ 牡2 55

フルゲート18頭に20頭が登録しています。


冬季を迎え牝馬の成績が不振の傾向

「夏は牝馬」という格言がありますが、では「冬の牝馬」どうなんでしょうか?

過去約3年分の牝馬限定戦を除く、牝馬の成績を調べてみました。以下表をご覧ください。

レース一覧・マークデータ

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1月 139- 154- 169- 2843/ 3305 4.2% 8.9% 14.0% 63 60
2月 133- 170- 187- 2919/ 3409 3.9% 8.9% 14.4% 44 54
3月 146- 151- 165- 3183/ 3645 4.0% 8.1% 12.7% 48 55
4月 160- 140- 163- 2925/ 3388 4.7% 8.9% 13.7% 64 67
5月 176- 198- 169- 3065/ 3608 4.9% 10.4% 15.0% 60 66
6月 226- 241- 257- 2858/ 3582 6.3% 13.0% 20.2% 72 75
7月 280- 296- 287- 3444/ 4307 6.5% 13.4% 20.0% 88 77
8月 363- 350- 345- 4111/ 5169 7.0% 13.8% 20.5% 84 80
9月 229- 263- 261- 3320/ 4073 5.6% 12.1% 18.5% 72 71
10月 203- 211- 238- 2877/ 3529 5.8% 11.7% 18.5% 64 71
11月 128- 156- 174- 2585/ 3043 4.2% 9.3% 15.1% 53 70
12月 129- 130- 138- 2375/ 2772 4.7% 9.3% 14.3% 57 65
1~3月 418- 475- 521- 8945/10359 4.0% 8.6% 13.6% 51 56
4~6月 562- 579- 589- 8848/10578 5.3% 10.8% 16.4% 65 69
7~9月 872- 909- 893-10875/13549 6.4% 13.1% 19.7% 82 76
10~12月 460- 497- 550- 7837/ 9344 4.9% 10.2% 16.1% 58 69
春競馬 757- 814- 857-15007/17435 4.3% 9.0% 13.9% 56 60
夏競馬 933- 956- 968-11319/14176 6.6% 13.3% 20.2% 81 77
秋競馬 622- 690- 728-10179/12219 5.1% 10.7% 16.7% 62 70

見事なグラデーションですね。8月をピークに9月から徐々に成績が下がり始め、11月から4月までは連帯率が1桁台まで落ち込んでいました。出走数自体も10月から12月にかけて減っているように、季節の変わり目ということで調整そのものが難しくなるのかも知れませんね。

理由は「牝馬 冬」などで検索するといくつか解説サイトが出てきますので、一度検索してみて下さい。

11月に行われる京王杯2歳Sも例に漏れず、牝馬の成績が不振で、過去10走で牝馬23頭中、2着1回、3着1回の複勝率8.7%と苦戦傾向でした。

その2着、3着だった牝馬はいづれも5人気以内の上位評価を受けていましたので、その辺りはケアしておいた方がいいかも。


前走先行出来ていた馬が内枠に入ったら好走傾向

東京芝1400mは、スタート後しばらくして坂を上り、またしばらくすると3角を迎えるため短距離の割にはペースが落ち付きやすいです。そういうコースレイアウトも背景にあり、先行力のある馬が内枠に入ると、スムーズに好位を取り主導権を握れるため、好走率が上がっているのではないでしょうか。

レース一覧・マークデータ/マークデータ

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
2番人気 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 63
3番人気 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 157 107
4番人気 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 355 290
5番人気 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 55
6番人気 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7% 0 370
7番人気 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 307 235
8番人気 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 128
9番人気 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 520
10番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
12番人気 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 195
13番人気 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 1300
14番人気 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 6190 990
15番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

上記表は「前走脚質=逃げ・先行」で「8番より内だった馬」の人気別集計です。人気薄でも好走率が高くなっていましたので、条件を満たす馬がいれば積極的に狙っていきたいですね。


前走ダート組は馬券絡みなし

前走ダートだった馬は、過去10走で11頭の参戦がありましたが、すべて不発に終わっていました。

中には芝経験のある馬もいましたが、ほとんどが初芝の馬でしたので、芝でのレース経験というのは大事なのかもしれませんね。

馬番は当日にならないと分かりませんが、それ以外の上記条件を満たす馬がいました。

その馬の名は『オデュッセウス』です。

この馬が出走した「前走レース名」の組は、京王杯2歳Sで2戦2連帯と相性が非常に良かったですし「前走先行脚質だった母父サンデー系は複勝率83.3%」のデータにも当てはまっていました。

データ的にはあらゆる角度から見て鉄板級ですので、これで内枠を引き当てればかなり期待したくなります。仮に外を引いてもチェックしておきたいくらいです。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wihr123.blog.fc2.com/tb.php/122-5a621852

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサーリンク

相互RSS

アーカイブ

RSSフィード